【食品せどり】アマゾン・カテゴリー申請のサポート実践中!

サポート

サポート

食品せどりを開始する為には、アマゾンの出品許可申請を通すのは必須です。

僕のブログには申請が通らないかという方からの問い合わせが多く、

今回、Yさんという方からサポートをして欲しいと強く要望を受け、

出品許可申請のサポートをすることになったので、今日はその実践記を書いていきたいと思います。




本日もぱっちゃんのせどりブログを見ていただき有難うございます。

2016年6月にこの記事を書いていますが、

Yさんによると、僕が審査を通した時より出品許可申請は

ますます審査が厳しくなっているようでしたので、

こちらのブログ記事でカテゴリー申請の請求書の取得方法をまとめました!



出品許可申請の審査を通過する為に大事なこと

審査を通過する為にはアマゾンの審査基準を理解し、

担当者がチェックした時に、許可を出せる状況にしなければいけません。

例えば、アマゾンの規約に「出品者情報を記載しなさい」と記載があれば、

その規約通りにして申請しなければいけません。




こちらの考えで審査基準を考えるのではなく、アマゾンの立場から見て考えていきましょう。

アマゾンの出品許可申請が年々厳しくなっているのは、

変な出品者に商品を販売させないようにする為です。

アマゾンの立場になって考えれば当然ですよね?




僕がアマゾンの担当者なら、特定商取引法の出品情報を記載しなさいと指示しているのに、

全く記載がなかったりする出品者は即座に落とします

逆に、審査基準に沿って申請をしてきている優良な出品者には対応も甘くなると思います。

あっ、この出品者なら大丈夫だし、出品させてあげたいな。」って思うと思うんですよ。




ですので、Yさんと僕はまず先に、アマゾンの審査条件の見直しからしていき、

必要事項をしっかりと記載していきました。

あなたは大丈夫ですか?

アマゾンが定める必要事項を記載漏れしたりしてませんか?

Yさんは今まで4度も審査に落ちているようですが、諦めなければ、必ず審査は通りますからね^^



Yさんが審査に通らない理由

Yさんが審査に通らなかった理由として僕が気づいた点は、

請求書の入手先」に問題があることがわかりました。

アマゾンが今求めている請求書の条件は「小売をしていない卸業者・問屋」です。

アマゾンの定めた条件の請求書でなければ、審査には絶対に通りませんからね。




僕のサポートは、基本的にはYさんに動いてもらう方針なんですが、

必要事項が抜けていないか徹底的にチェックしていきます。

自分ではしっかりと全部出来ているつもりでも、

第三者が見ることで、ミスや穴があれば、すぐに目につき発見することができますからね。




僕は、例え1度2度審査に通らなくても、何回でも審査に挑戦しますし、

Yさんが出品許可申請を通過するまでサポートしていきます。

今現在、Yさんは「正しい請求書」入手に向けて動いてもらっていますが、

行動力がすごいのできっと審査は通過すると思います。




では、また何かあれば、進捗状況をお伝えしますね^^

審査に落ちたからといって、絶対にあきらめず、頑張っていきましょー!

最後まで読んでいただき有難うございました!
[br num=”1″][br num=”1″][br num=”1″] PS
メルマガ&LINE@では、ブログでは

「絶対に公開できない裏情報(儲かる情報)」

「ぱっちゃんのリアルすぎる日常生活」を全て公開しています!

是非僕とLINEでお友達になってくださいヽ(=´▽`=)ノ
↓  ↓  ↓
メルマガ登録はこちら

友だち追加


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
「完全在宅の物販ビジネスで多くの実績者を輩出した
29800円相当の有料教材」プレゼント中。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をプレゼント。


2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。