運送業者
運送業者

電脳せどりで使う運送業者の選び方はすごく大事です。

僕はメインにクロネコヤマトでおなじみの「ヤマト運輸」と契約しています。

「佐川」も一応契約してます。




今日は、ヤマト、佐川、日本郵便の運送業者のそれぞれの特徴と

メリット・デメリットを伝えしますので、

契約は早めにしておきましょう!



運送業者との契約の結び方

運送業者との契約は個人でも問題なく結べます。

契約したい運送業に電話をし、契約をしたい旨お伝えすれば、担当者から連絡がきます。

あとは運賃等を相談して契約を進めるだけですので凄く簡単です。

下記では、各運送業者の特徴等を説明してますのでチェックして自分でどこと契約するのか選んでくださいね^^

ヤマト運輸

ヤマト運輸のメリットはなんといっても 

安心・安全・早い

というイメージとサービスの良さです。




受け取る側もヤマト運輸を使っているショップ=優良店というイメージがあるかと思います。

料金的には高いというイメージもあるかもしれませんが

ヤマト運輸には、あまり一般の人には知られていませんが




ヤマト便というサービスがあります。

これが最強です。




せどりでの配送は基本的にFBAに送るのが基本になってくると思うんですけど、

通常の宅急便だと1箱800円〜ぐらいなんですよね。

契約運賃だと最安で550円〜ぐらいです。




それに比べてヤマト便の料金はサイズではなく、重量とエリアによって決まってくるので

10箱で3000円ぐらいで収まる事もありますのでかなり経費削減になります。

一箱300円とかあり得ない安さです。




更に、ヤマト運輸では小さい商品を送るときに便利なクロネコDM便が使用できます。

料金は全国一律料金で上限164円(税込み)です。

契約料金によっては100円以内の方もいます。




対応サイズは
3辺の合計が60cm以内、最長辺34cm以内、厚さ2cm以内、重量1kg以下」 って感じです。

小さい商品を自己発送するときに重宝しますし、荷物番号もついているので、安心です。

CDや本とか小さいものなら余裕ですよ。



日本郵便

郵便局さんのメリットは認知度丁寧な対応だと思います。

結構年配の方が対応してくれるケースが多いので、対応になれている方が多いのかもしれませんね。

料金的には割と高いです。 ヤマトの宅急便と同じような感じですね。




ゆうメールというサービスもあるので、小さいサイズもメール便で発送する事が出来るんですが、基本的に荷物番号がついてないです。

また、契約するには結構な発送数が必要になってくるので、クロネコDM便の方がいいかと思います。

総合的にサービスは悪くないので、信頼は出来ます。



佐川急便

佐川さんのメリットはとにかく安くて、契約がしやすいです。

契約料金で1箱500円前後〜配送が可能ですね。

ただ、少し対応がほかの運送業の方に比べて少し雑かもしれません。




集荷時間も僕の所は17時までなので、まず使えません。(ヤマト、日本郵便は21時まで来てくれます。)

メール便も少し微妙ですめ。

ちなみに余談ですが、女性には「佐川男子」が人気がありますよね?




僕の所にくる佐川のお兄さんはかなり男前です。

そしてすっごい笑顔です。結構若い人が多いイメージがあります。 

なので、女性のセドラーには凄くおすすめです。




せどりで疲れたときに佐川のお兄さんを召還してみてはどうでしょうか?

西濃運輸

西濃運輸のメリットしてはとにか凄く安いです。

ただ午前か午後かの指定しか出来ません。

荷物も結構無くしたり、集荷にこなかったりします。




お客さんからのクレームも多いのでおすすめしません。

運送業者としては、ダメですね。

一応参考までに。

まとめ

運送業者は、せどりでえらぶなら圧倒的にヤマト運輸がいいです。 

電脳せどりをしていくと、商品が大量に家に届くようになるので、

まとめて安くでFBAに送れるヤマト便が最強です。




もちろんほかの運送業者が悪いといってるわけではないです。

それぞれにメリットはありますからね。

ただ、僕からの目線だと総合的に見て、

ヤマト運輸が圧倒的にコストパフォーマンス、サービスが良いので、

僕はヤマト運輸をおすすめします^^

個人での契約がまだの人は是非契約を進めてくださいねー^^



次の記事は「Amazonへの出店登録の方法について」です。

PS
こちらの記事で電脳せどりで稼ぐ為の仕入れ先・ノウハウ・リサーチ方法・コツ・ツールなど

電脳せどり初心者の方でもわかるようにまとめました!!

電脳せどりで稼ぎたい方はチェックしてみてくださいね!