せどり
せどり




Amazonへの出店登録の方法について説明していきます。

せどりの販売先のメインになりますので、必ず登録していきましょう!




せどりをするうえで必要な販売先のメインはAmazonになります。

ヤフオク、メルカリ、ヤフーショップ、自社サイト等、販路は色々ありますが、今現在はAmazonが最強の販路です。

では、早速登録方法を説明していきますが、まずは準備からしていきましょう。

Amazon出店登録に必要な物

  • メールアドレス(フリーメール可能)
  • クレジットORデビッドカード
  • 銀行口座
  • メールアドレスは専用のアドレスを作成しましょう。メールアドレスはショップでの登録や、ログイン等、かなり頻繁に使いますので、プライベートとは分けた方が良いです。僕はGmailがおすすめです。GoogleChromeはせどりでも使用するので、せどり専用のメールアドレスは必ず作っておきましょう。

    クレジットカードは必ずせどり専用のカードと、プライベートのカードを分けましょう。売り上げの管理が難しくなります。

    銀行口座は必ずせどり専用の口座を準備しましょう。Amazonからの売上金が支払われる口座になるので、ネットバンク等がおすすめです。

    以上の三つがそろえばOKです!



    Amazonへの出店登録はどこからするの?

    ⬇こちらのリンクから出店登録へ飛ぶ事が出来ます。
    Amazon出店

    Amazonの出品サービスの内容や、販売の流れ、料金体系について詳しく書かれているので必ず目を通しておきましょう。



    小口出品と大口出品があるみたいだけどどっちがいいの?

    出店登録をするなら、必ず、大口出店サービスを利用しましょう。

    小口出品は一件売れるごとに100円の手数料が発生します。

    大口出品は月額料は4900円(税抜)かかりますが、3ヶ月間は無料です。




    また、ショッピングカートボックス獲得要件の一つに大口出店という条件が含まれているので大口が良いです。

    Amazonでは、カートをとれると売り上げが爆発的に伸びます。

    Amazonを販路とする最大のメリットですので必ず大口出品を選択していきましょう。



    amazon ショッピングカートボックスとは?

    Amazonにはショッピングカートボックスというものが存在します。

    資格条件はある一定の条件を満たした出品者が獲得できます。

    獲得する事ができれば、Amazon商品ページの「こちらからも購入できます」っというカートボックスが表示され、通常で販売するよりも、圧倒的に有利な状況で販売する事が可能になります。




    そのため、Amazonに出店するせどらーは皆大口出店を選択しているわけです。

    次の記事は「仕入れ先やジャンルは何から始めるべき?」です。