【せどり】仕入れの失敗談。パート2

せどり

せどり

店舗せどり仕入れをした時にちょっとしたトラブルがありました。

これは失敗というか気をつけないと損をしてしまうポイントだと思いますので、

お伝えしておきます。




ぱっちゃんのせどりブログを見て頂きまして有難うございます。

こんばんは。年末商戦で日々ばたばたしていますが、

市場もにぎわっていますし、みなさんも大忙しかと思いますがいかがおすごしですか?

さて、前回の記事では電脳せどりの失敗談をお伝えしましたが、今日は店舗せどりで最近あった僕のトラブルがおこった経験から気をつけて欲しいポイントをお伝えしていきます。

レジを通すときは値段があっているか気をつける事

ドンキで仕入れをしてきたのですが、レジを通した値段が全く違っていました

購入商品が7点だけだったので、さすがに気づきましたが、もしもこれが70点購入していたら?

さすがに、レジが間違ってても気づかない可能性はありますよね?




調べてみると、どうやらドンキの店員さんは結構レジを間違う事があるみたいです。

アルバイトだからでしょうか? とにかく、レジを間違ってないか監視する必要があります。

商品を購入したあとって安心してません?「仕入れがでできた」っと喜ぶのはまだ早いって事ですね。



商品を配送してもらう時はしっかり梱包してもらう事

ドンキでは、5000円以上購入すると配送が無料というサービスがあります。(エリアによって異なるかもしれないですが)

大型の商品を購入したので、僕は配送してもらいました。

相場も安定して売れている感じだったので特に急ぐ必要もなかったので。




しかし、届いてビックリ!!!

なんと、商品を箱に入れるわけもなく、商品をひもでしばって、商品に送り状を直接はりつけて送ったきたんです!(笑)

これはさすがにないですよね。でも、悪いのは僕です。店員さんのせいにしてはいけません。




商品の状態はヒモが商品にくいこみ、箱がぼろぼろに変形してましたので、

店舗に連絡し、新しい商品に交換対応してもらいました。

このような事が起こらないように、配送してもらう時は

店員さんに、「商品は大事な事に使用するので、丁寧に梱包して配送して欲しい」という事をしっかりと伝えましょう。




万が一トラブルが起こった時の対処法

基本的に、商品に不良等があった場合、こちらに非がない限りきっちりと対応してくれるのが企業です。

なので、感情的にミスをせめても仕方が無いので、冷静に対応していく事が大事です。

今後の事を考えれば、店舗側に「貸し」を作っておけば今後また何かあった時の為に優位にたてる可能性もありますよね?

まとめ

店舗で商品を購入するときは商品を家に持ち帰るまで決して気を抜かない事が大事です。

また、店員さんも人ですので、必ずミスをします。

しかし、ミスを責めず、今後の利益を考え、冷静に対応していくのが店舗ともWINWINの関係を作れるかと思います。




ではでは、今日はここまでです。

参考になれば幸いです。

最後までぱっちゃんのせどりブログを見て頂きまして有難う御座いました。
[br num=”1″][br num=”1″][br num=”1″] PS
メルマガ&LINE@では、ブログでは

「絶対に公開できない裏情報(儲かる情報)」

「ぱっちゃんのリアルすぎる日常生活」を全て公開しています!

是非僕とLINEでお友達になってくださいヽ(=´▽`=)ノ
↓  ↓  ↓
メルマガ登録はこちら

友だち追加


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
「完全在宅の物販ビジネスで多くの実績者を輩出した
29800円相当の有料教材」プレゼント中。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をプレゼント。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。