keepaの設定方法から使い方まで徹底解説!

keepaの使い方や見方

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回はkeepaの設定方法から使い方まで徹底解説致します。

Keepaには価格推移グラフをAmazon上で表示する機能のほかに様々な便利機能があり、 マスターすれば非常に効率的にAmazon物販ができるようになります。

 

Amazonで販売するだけではなく、Amazonで仕入れて他のネットモールで売る場合にも大活躍します。今回はそんなAmazon物販の必須ツール、Keepaの解説です。

 

keepaの設定方法

まずはKeepaをインストールしましょう。Keepaは拡張ツールなので、パソコンにインストールしないと使用できません。

 

さらにKeepaはGoogle chromeの拡張機能なのでお使いのブラウザがGoogle chromeでなければ使えません。自分の使っているブラウザがGoogle chromeかどうかを確認してください。

 

パソコンやスマホにGoogle chromeが搭載されていない場合は、まずchromeをインストールして、続いてKeepaをインストールする、という手順になります。

 

ChromeウェブストアにアクセスしてKeepaをインストール

Google chromeから chromeウェブストアにアクセスしましょう。

 

Chromeウェブストアは Keepaをはじめ、様々なchrome拡張機能を追加できるストアです。Keepa以外にも様々な拡張機能をここから追加できます。

https://chrome.google.com/webstore/category/extensions?hl=ja

 

Keepaインストール

chromeウェブストアに飛んだら左上の検索窓から「Keepa」と入力しましょう。

 

すると 「Keepa Amazon Price Tracker」というツールが表示されますので、「chromeに追加」をクリックします。

 

続いて、再度「Keepaを追加しますか?」と確認が出るので、「拡張機能を追加」を押せばインストールできます。

 

正しくインストールされると chromeの右上にKeepaのアイコンが表示されます。設定を変えたり、KeepaにログインするときはこのアイコンをクリックするとKeepa画面に飛べます。

 

Keepa表示

特に設定等をしなくても、 インストールした時点でAmazon上でこのようにKeepaの情報は表示されるようになっています。

 

Amazonで適当な商品を検索して、商品画像の下にこのKeepaのグラフデータが表示されるかどうか確認してみましょう。

 

アカウント作成

インストールした時点で利用できるKeepaですが、目玉機能である 「トラッキング機能」(後述します)を利用するためには Keepaアカウントを作成する必要があります。

 

トラッキング機能はKeepaの優秀な機能なので、アカウント登録をして是非活用しましょう。アカウント登録も無料です。

 

Keepaアカウント登録するためには、chrome右上にあるKeepaアイコンをクリックして、Keepa画面に移ったら「ログイン/アカウントの登録」をクリックしましょう。

 

 

ログイン/アカウント登録をクリックすると、ユーザ名とアドレスの入力画面になります。「アカウント登録」をクリックし、ユーザ名とメールアドレスとパスワードを登録しましょう。

 

ユーザ名は他の方が使用している物は使えませんので、すべての項目を入力したらアカウント登録をクリックします。

 

アカウント登録をすると入力したアドレスにリンク付きメールが届きますので、URLを開いてアドレスを有効化すれば登録は完了です。これですべてのKeepaの無料機能が使用できます。

 

ついでに Keepa右上の「言語」を日本語に設定しておきましょう。ここを直さないと、初期設定ではイギリス、つまり英語になっているため、Amazon内でも英語表記でグラフが表示されてしまいます。

 

keepaの使い方

Keepaは インストールした時点で、自動的にAmazonの商品ページにグラフが表示されるようになっています。

 

グラフの見方

Amazonで何か商品を検索し、商品ページに飛んでみましょう。商品画像の下に、Keepaインストール前にはなかった下記のようなグラフが出てくるはずです。これがKeepaの基本グラフです。

 

Keepa表示2

このグラフでは以下のデータが確認できます。

  • Amazon価格(オレンジの線)
  • 一般セラー価格(青の線)
  • 中古セラー価格(黒の線)

 

このグラフからリサーチしている商品がどのくらいの期間、いくらくらいで売られているのかと言ったデータを確認することができます。

 

モノレートを使ったことがある方は気づいたかもしれませんが、ほぼモノレートと同じです。

 

ただし、Amazonの商品ページで、つまり 1つの画面でデータが確認できる点と、モノレートよりも細かくデータが確認できる点はKeepaの方が優秀です。

 

ただ、1点だけモノレートにない欠点があり、Keepaで価格の推移は見られますが、実際に売れたタイミングを確認する「ランキングデータ」が見られません

 

以前はランキングも見られるようになっていましたが、現在では有料プランにしないと見られないようになってしまいました。

 

Keepaグラフでランキングを見たい場合は、有料プランに登録する必要がありますが、有料プランは月額15ユーロ(日本円で約2,000円前後)と結構高めです。

 

もちろん有料プランにしてランキングをみられるようにした方が便利ですが、 有料プランにしなくてもモノレートのランキングと併用するなどで代替が可能です。

 

モノレートを開くのがめんどくさい、複数ブラウザ開きたくない等の理由があれば有料プランにしてもいいかもしれません。

 

『Amazon の商品の上にマウス(カーソル)を置いた時、価格の履歴グラフを表示する』機能

Keepaには様々な便利機能がありますが、その中でも代表的なものをいくつかご紹介します。まずは 商品画像の上にカーソルを置くだけでKeepaの価格履歴を表示する機能です。

 

Keepaをインストールしたばかりの方の中にはこの機能に気が付かない人もいるようです。

 

この機能の使い方は、例えば1つの商品をリサーチしたあと、その下にある 「関連商品」からも利益の取れる商品が見つかるときがあります。

 

そのため、関連商品のチェックもできる限りやっておきたいのですが、いちいち商品ページに飛ぶのは効率悪いですので、そんな時に使える機能です。

 

グラフはやや小さくて見づらいですが、 商品ページに飛んで詳しくリサーチすべき商品なのか、無視していい商品なのかの判別はできます。

 

リサーチすべき商品だったらクリックして商品ページに飛び詳しくリサーチすればいいですし、そうでなければ他の商品にカーソルを持っていってもいいでしょう。

 

地味な機能ですが、この地味な機能をこまめに使用することでリサーチの時間を短縮できます。

 

毎日数十個、数百個以上のリサーチをするようになった場合、この機能の効果は絶大です。是非使いこなしましょう。

 

この機能も特に設定不要で、Keepaをインストールした時点で使用可能です。万が一この機能がオフになっていたらKeepaの設定画面からONにできます。

 

トラッキング機能

Keepaのおすすめ機能に 「トラッキング機能」があります。これは日本語で言うと 「価格変動監視機能」です。

 

特定の商品を登録(トラッキング)しておき、その商品が登録した価格になるとメールで通知してくれる機能です。

 

販売予定商品の市場価格動向を探ったり、Amazonで仕入れて他のモールで売る予定の商品が安くなるのを待つためにトラッキングしておく、といった使い方ができます。

 

使い方は簡単です。まず トラッキングしたい商品ページのKeepaグラフ上にある「商品のトラッキング」をクリックするとトラッキング設定画面に移ります。

 

この画面で 「この商品がいくらになったら通知すればいいのか」が設定できます。

  • Amazon価格
  • セラー新品価格
  • 中古価格

 

それぞれ設定できますので、希望の価格を入力して、最後に下にある青い「トラッキング開始」をクリックすれば設定完了です。

 

後は商品が入力した価格になった際、Keepaに登録したアドレス宛に通知が届きます。

 

複数の商品をトラッキングする

便利なトラッキング機能ですが、さきほどの方法だと1個ずつしか登録できないため、複数の商品価格を監視したい場合は面倒ですね。そこで 複数の商品を一度にトラッキングして効率よく監視する方法を解説します。

 

まず、 欲しい商品をすべてAmazonの「欲しいものリスト」に登録しましょう。

 

リストの設定

複数の商品を欲しいものリストに登録したら、 ほしいものリスト内右上の「・・・」をクリックして「リストの設定」をクリック。

 

管理リスト

管理リストの公開設定を「公開」に変更し、「変更を保存」で保存します。

 

保存したら ブラウザ右上にあるKeepaのアイコンをクリックして、Keepaの設定画面に移動します。

 

上記画像内の赤枠にある「トラッキング」「欲しいものをインポート」の順にクリックしていくとインポート画面になります。この画面の「Wish List URL」にAmazonの欲しいものリストのURLをコピー&ペーストします。

 

Wish List URLの出し方はAmazon欲しいものリスト左にある 「欲しいものリスト名」をクリックすると上部に表示されますのでこれを先ほどのインポート画面のWish List URLに入力します。

 

ウィッシュリストURL

Wish List URLを入力したら「送信する」をクリックします。欲しいものリストの量が多いと送信に時間がかかります。

 

最後に先ほどのトラッキング設定同様「いくらになったら通知するか」という設定画面になります。

 

ただし、先ほどの個別トラッキングと違い、「パーセンテージ」でしか設定できませんので 「欲しいものリストにある商品のいずれかが〇%オフになったら通知する」という設定になります。

 

シビアな価格の監視が必要な商品は個別でトラッキングして、「安くなったら刈り取るかな」くらいで考えている商品はこのまとめてトラッキング機能を使うなど使い分けると便利ですよ。

 

まとめ

KeepaはGoogle chromeの拡張機能で、インストールするとAmazon上で価格の推移グラフが手軽に確認できるツールです。

 

モノレートと違い、Amazon上ですべて完結するのでいちいち画面を切り替えずに済み、効率的にリサーチができます。

 

その反面、モノサーチと違い売れ行きランキングが無料では見られない等のデメリットもありますので、状況に応じて使い分けるといいです。

 

トラッキング機能やマウスを置くだけで価格グラフが出る機能は非常に便利なので、こちらも是非活用して効率よくAmazonでリサーチを行ってください。


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
「完全在宅の物販ビジネスで多くの実績者を輩出した
29800円相当の有料教材」プレゼント中。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をプレゼント。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。