Amazonギフト券が無効化!?原因や解除方法を徹底調査してみた。

Amazonギフト券が無効化!?原因や解除方法を徹底調査してみた。

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回は「Amazonギフト券が無効化!?原因や解除方法を徹底調査してみた。」です。

 

2019年11月現在、Amazonギフト券が無効化される事例が続出しており、ギフト券が10万円無効化されたり、30万円無効化されたり、100万円分無効化されたりしています。

無効化

僕もギフト券が無効化されてしまい、コンサル生や、僕周りにはギフト券が無効化されるから、今は使わないようにと呼びかけていますが、それでも毎日のように、ギフト券が無効化されたという人の話を聞きます。

無効化

 

【いや、だから危ないよ!って言ったじゃん!(笑)】って言いたくなりますが、ギフト券購入のリターンがかなり大きいので、買ってしまう気持ちも分からなくはないです。

 

とはいえ、Amazonギフト券が無効化されるのは、本当に、辛いです。大好物のシュークリームを最後に食べようと、冷蔵庫に残しておいたのに、兄弟に先に食べられてしまうレベル並に辛いです。

 

ですので、これ以上、Amazonギフト券の無効化で損をする人が出ないように、僕の実体験やコンサル生の情報をもとに、無効化の原因、無効化を解除する方法がないか調査したのでシェアしていきます。

 

今回のお話は、凄く大事な事ですので、ぜひ最後まで読んで、あなたの周りの人にギフト券を買っている方がいればシェアしてあげて、損をすることがないように教えてあげてください。

 

Amazonギフト券が無効化される原因

無効化2

Amazon公式サイト以外で購入したギフト券番号は、Amazonからロックされて登録できなくなったり、登録できたとしても、後日無効化されてしまう事があります。ギフト券に関する制限および禁止行為にも書かれています。

 

Amazonギフト券が登録できたからokなのでは?っと思っている方もいると思いますが、登録できたあとに「無効化」されてしまう事はあります。

 

結論から先に言っておくと、無効化されてしまったAmazonギフト券は、二度と使う事ができませんし、返金もされません。

 

1,不正取得が原因

ではなぜ、Amazon無効化されるか?その一番の原因は「不正取得が疑われるAmazonギフト券」だからです。

 

不正取得というのは、犯罪にかかわったギフト券であったり、そのほか法律に抵触する行為によって流通したギフト券(番号)のことを指します。

 

具体的に言うと、架空請求やオレオレ詐欺などで、被害者に買わせたAmazonギフト券の番号などを指します。

 

Amazonは、これら犯罪に利用されたギフト券の番号に対し、詐欺グループ側が利益を得ないようロックをかけます。

 

しかし、詐欺グループ側は賢いので、Amazonで自らギフト券を登録することはありません。

 

ほとんどの場合、足がつかないようギフト券買取業者に売却し、さらに買取業者は、アマテンといった売買サイトに転売します。

ギフティッシュ

こうして、犯罪で取得されたAmazonギフト券が、売買サイト内で流通してしまうのです。

 

上記のような流れで、売買サイト内を流通している不正なギフト券を、一般ユーザーが購入してしまい、ロックさせられてしまうことも多いです。

アマテン

無効化されるギフト券の多くが、アマテン、アマギフトなどのギフト券売買サイト、もしくはヤフオクやメルカリといったサイトから購入した物でした。

 

ただ、アマテンやアマギフト、ヤフオクやメルカリによるギフト券の購入が犯罪とか、法律に違反するわけではありません。

 

法律違反ではないのですが、Amazonでは規約違反なのです。なので、もし外部サイトで売買したギフト券であることがばれた場合は、無効化される可能性があります。

細則

2,商用目的の利用が原因?

輸出等や在庫目的での商用利用は規約で禁止されていますが、これも原因の1つとして考えられます。

 

一般の人が大量に商品を購入する事は、一般的に考えてありえる事ですが、毎日10万、20万、30万と買うのは、異常な数値なので、一度に大量に購入しすぎると、商用目的と見なされる可能性も0ではありません。

 

実際に僕も大量に商品を購入していますが、金・土・日で溜まっていた在庫を一気に発注した所、1つのアカウントにロックがかかりました。

ロック1

ロックがかかった原因は、色々考えられるですが、個数限定商品は買っておらず、普通の大量購入した後にロックされました。

 

Amazonギフト券を無効化されないようにするには?

Amazonギフト券を、無効化されないようにする方法を色々調べて実践してみましたが、一番確実なのは「公式以外で購入しない」ことしかありませんでした。

 

額面の90%程度で購入できる、ギフト券売買サイトは魅力的ですし、リターンが大きいのですが、無効化されるリスクがありますので、リスクとリターンのバランスしっかりと考える事が大切です。

 

額面90%であれば、90万円で100万円分のギフト券を手にできるので、その時は確かに10万円分お得ですが、10万円分使って90万円分残って無効化されたとしたら、、、、。

 

考えるだけでぞっとしますが、「自分は大丈夫だろう」と思っている人が、ギフト券を無効化されてしまっています。(※僕もその中の一人でした(笑))

 

1,無効化リスクを承知買う場合

もし、無効化のリスクを承知で、売買サイトを利用する場合は、最低限の対策として番号の先頭に「AQ」「WA」がつくギフト券を購入しないようにしてください。

 

「AQ」「WA」が先頭に来るギフト券は、コンビニで買えるタイプなので、詐欺に使われた可能性が高くなります。もちろん、この番号がすべて怪しい、という意味ではありませんが、注意することで無効化される番号を購入するリスクは低くなります。

 

また、売買サイトでは、買うまで番号が分からないことが多いですが、ヤフオクなどでは出品者に確認ができます。質問者に「先頭の2桁教えてください」と確認し、教えてくれない場合は購入しないほうがいいです。

ヤフオク 質問

 

とはいっても、やはり今は無効化されるリスクが高すぎるので、僕個人の考えとしては、正規ルート以外での購入は控えた方が良いと思います。

 

2,ギフト券を少しずつ買って使うのは?

ギフト券を少しずつ買って、少しずつ使えば安全では?っと思う方もいると思いますが、それも危険です。

 

ギフト券の無効化は、Amazonの購入アカウントに登録されて、商品が発送されたら無効化されません。未処理の分は、キャンセルして無効化される事がありますので、発送されるまで使い切らないといけません。

 

それはつまり、「発送されるまで無効化されるリスクがある」という事ですし、リスクが無くなるわけではないですし、実際使う分だけ購入していた方が、ギフト券を無効化されてしまいました。

 

その方は、5万円の損失でしたが、5万円のギフト券を全て使ったとしても、5000円程のリターンしかありません。5000円のリターンの為に、5万円を損失するリスクを追うのは、結構危険だと思います。

 

3,購入アカウントを複数作って少額ずつ買う

リスクは有る、それでもどうしてもギフト券を使いたいという場合は、一切紐づく事のない購入アカウントを複数作って、少額購入していけばリスクはかなり減ります。

 

例えば、購入アカウントを10個作って、1アカウント1日10個までの注文にすれば、普通の買い物に見えるので、仕入れ目的とは見えないですし、10個程度の金額であれば、無効化されたとしても、リスクは分散できます。

 

Amazonのギフト券が無効化される理由は、聞いても明確に解答してくれないので、ここまで対策しても完璧ではないですが、これが考えられる一番の対策かとは思います。

まとめ

2年前にも同じ様にギフト券の無効化がありましたが、時期によってギフト券がロックされたり、無効化されたりする傾向がありますが、2019年11月現在は、完全に赤信号です。

 

皆で渡れば怖くない~♪っという方も結構いらっしゃいますが、皆で渡って全員死亡してしまっては、ガチで笑えなくなってしまいますので、本気で気をつけて頂きたい所です。

 

あなたの周りにギフト券をバンバン使っている人がいれば、ギフト券が無効化されてしまう前に、ぜひ今回の記事をシェアしてあげてくださいね。

 

それではまた!


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。