せどりの情報発信とは?発信をするべき7つの理由!

せどりの情報発信

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回は「せどりの情報発信とは?発信をするべき7つの理由!」です。

 

「せどり」で稼いで、せどりの知識や技術を「情報発信」をしていくと、シナジー効果で、さらに収入を増やしていく事が可能です。

 

しかも、情報発信の場合は、レバレッジをかける事が出来ますので、月収100万~1億レベルで稼げてしまいますから、収入も青天井です。

 

せっかくせどりの専門知識や、技術を磨いたのなら、ぜひ情報発信にも挑戦してみてください。

 

「情報発信」と聞くと難しそうなイメージですが、実際、そんなことはなく、せどりで稼げているのなら、それを情報発信するのは比較的簡単です。

 

今回は、そんな情報発信をやるべき理由について、徹底解説していきたいと思います。

 

せどりの情報発信とは?

せどりの情報発信とは、その名の通り、せどりのスキルや技術を必要な人に向けて、発信していくことです。

 

せどりの情報発信で稼いでいくためには、物販(せどり・転売)で実績を構築し、その知識を販売しますので、情報発信では、ドカンと⼀発⽉収 1000 万という感じで、爆発的に⼤きく稼ぐ事が出来ます。

 

情報の一部をコンテンツ化して販売し、利益を上げる事も可能で

  • ブログ
  • Noteやココナラなどのスキルマーケット
  • SNS
  • YouTube

など、現在では、誰でも情報を発信できる環境が整っており、あらゆる方法で自分の持っている知識や、技術を発信したり、販売することができます。

 

これらのサイトや、ツールを利用し、自分の持っているせどりのスキルを発信し、そのスキルや技術が必要な方に、商品を販売していきます。

テキスト

情報発信というと、テキストや動画にまとめたコンテンツを商材として販売する形、だと思ってる方が多いです。

 

ですが、オンラインサロンやコンサルタントという形式でも、情報発信をしていく事で収益化する事が出来ます。

 

コンサルタントのような、マンツーマン形式でせどりスキルを徹底的に教える事で、収益化する事も出来ます。

 

上記の方法以外にも、有料のツール等を紹介する「他社のサービスを紹介」する、いわゆるアフィリエイトもあります。

 

また、せどりの情報発信は、お金を稼ぐだけの目的でやる方が大半ですが、実は、お金を稼ぐ以外の使い方もする事が出来ます。

 

例えば、せどりの情報発信を日々していくなかで、あなたがスタッフを雇いたい、という場合は、自分のメディアでスタッフ募集を呼びかければ、スタッフ募集をする事も出来ます。

 

実際僕も、スタッフ募集はブログやメルマガで募集しましたが、求人サイトを利用しなくて良いので、経費は0円でした。

 

また、情報発信をしていれば、せどりをやっている人と交流がしたければ、自分で懇親会を開催したりする事も出来ますし、人脈を増やしていく事も可能です。

 

あるいは、せどりの情報発信をしている人と交流し、情報交換をしたり、JVをしたり、自分のビジネスを広げていく事も可能です。

 

せどり以外にも+情報発信で、新たなキャッシュポイント作れますし、その情報発信の利益を、さらにせどりに再投資する事で、せどりを強化する事も可能です。

 

せどりの情報発信ときくと、お金を稼ぐだけ、という認識しか知らない人が多い印象ですが、実際、それ以外にも実は「出来る事がめちゃくちゃ多い」のでビジネスの可能性が一気に広がるのです。

 

なので、情報発信はせどりとの相乗効果が⾼く、メリットしかないので、僕の経験を通してお伝えしておくと“必ず”やった⽅が良いです。

 

なぜ、ここまで強くやった⽅が良い、と⾔えるのかその理由をお伝えすると

1、物販を⼈に教えられるようになる
2、ビジネスがより⼀層楽しくなる
3、情報発信の利益を物販に再投資できる
4,個人で月収100万~1億と収入が青天井
5,時間を使わず、効率良く稼げる
6,、初心者でも取り組みやすい
7,実績やスキルがあれば、即利益につなげられる

からです。

 

1つずつ詳しく説明していきますね。

 

せどりの情報発信をやるべき7つの理由

せどりのスキルを磨いたら、情報発信はするべきです。

 

というより「やらない理由がない」と言い換えたほうが良いのですが、その理由について解説します。

 

1、物販を⼈に教えられる

⼈に教えられる⼒というのはいずれ、物販を仕組み化・組織化して拡⼤、していく時にも能⼒は⼤いに役⽴ちます。

 

教えるという事は、その仕組みを理解し、体系化して教えるスキルが必要になるので、外注を使った仕組み化、組織化も容易になります。

 

2、ビジネスがより⼀層楽しくなる

せどりは「リサーチ→仕⼊れ→納品→販売」と単純作業ですので、やり続けていくと、どうしても同じ作業なので飽きる⽇が来ます。

 

また、体⼒的にも限界がくるので、⽉収 100 万円〜200 万ぐらいで個⼈でやるには、限界がきてしまいますし、僕⾃⾝も⽉収 100 万円ぐらいから⾊々ときつく感じました。

 

それに対して、情報発信は⽂章を書いたり、発信内容を考えたり、戦略を考えたり、取り組み⽅が全く違うので、物販とは違うビジネスの感覚や、楽しさ、働きがいを味わう事が出来ました。

 

収⼊の⾯でも、作業量は同じでも、⽉収 100 万以上〜1000 万円ぐらいは、個⼈でいけるので限界がみえず⻘天井、なのもやりがいを感じるポイントです。

 

3,情報発信の利益をせどりに再投資可能

情報発信で稼げるようになると、⾦融公庫や銀⾏から借⾦をせずとも、⾃⼰資⾦だけで物販を拡⼤できます。

 

せどりと情報発信は、⼀⾒すると正反対のように、⾒えますが、その相反するものを⼀つすると、新たなイノベーションが起こりとてつもない、相乗効果が⽣まれます。

例えば、せどりの実績をもとに情報発信をしたとして、そこで稼いだお⾦を全てせどりにつぎ込めば、⼀気に物販を拡⼤して更に稼げます。

 

そして、せどりが拡⼤し実績が⼤きくなり、スキルが高まれば、さらに情報発信でも稼ぎやすくなり、そこで稼げればまたせどりに再投資・・・と、永遠にプラスのスパイラルを⽣み出す事が可能です。

なので、せどりで実績を積むことができたら、情報発信にも取り組むと良いです。

多くの⼈は、せどりで稼げると

・電脳せどりの次は輸出だ!
・輸出で稼いだから次は中国輸⼊だ!
・中国輸⼊で稼いだから次は BYMA だ!

とせどりの横展開をします。(※もちろん、横展開でも大切です。)

でも、物販だけでは

・お⾦が増えてる感じがしない
・爆発的に収益を上げられない
・単純作業に飽きてしまった

と最終的に情報発信に挑戦し始めます。

そんな⼈を何百⼈と⾒てきた経験から、回り道をして最終的にたどり着く先が情報発信なのであれば、最初から情報発信をすることを頭に入れておくと、スムーズに情報発信にも取り組めるようになります。

 

4,個人で月収100万~1億と収入が青天井

せどりは、誰でも手軽に始められて稼げる、素晴らしいビジネスです。

 

僕自身、せどりからスタートしました、せどりからスタートしたからこそ、確実に成果を出せたので、そこに疑いの余地はありません。

 

ですが、せどりは資金と、作業量によって収益が決まるので、誰もがある一定のレベルまで達すると、収入が頭打ちになります。

 

これはせどりが労働収入、働いたら働いた分だけ収入になるビジネスモデルだからで、逆に言えば自分の時間を消費しないと、収入が増えないのです。

 

1日は24時間しかありませんので、そのうち8時間睡眠をとるとして、自由になる時間は16時間。16時間全てせどりに費やしたとしても「16時間×報酬」までしか稼げません。

 

通常これだけ毎日働くのは不可能ですし、誰にでもいずれ「収入の限界」が来ます。

 

趣味でせどりをやっている、という人はともかく、多くの人にとってせどりは「収入を得る」という目的のための「手段」でしかないはずです。

 

せどりビジネスで、より高い収入を得るためには、こうした「労働時間×報酬」の図式から脱却する、別の手段を用意しなくてはいけません。

 

その手段の一つに外注化、組織化がありますが、外注化や組織化は、人によっては、ハードルが高く感じる方も多いです。

 

僕自身、事務所を構え、組織化をしていますが、それは資金が必要なので、融資も必須ですし、人を雇ったあとの管理も必要なので、物販が大好きという方にオススメです。

 

そして、「物販は大好きではなく、ただのお金稼ぎの手段だ」という方には、情報発信という手段をおすすめしています。

 

情報発信は、コンテンツを作成したり、マーケティング、コピーライティングを習得する必要はあるものの、レバレッジが大きくききます。

 

個人で、月収100万~1億レベルまで目指す事が可能ですし、仕組み化しやすいので、やればやるほど作業量は減っていきます。

 

コンテンツを作成して、売れる仕組みを作っておけば、24時間、寝ている時ですら、収益を生みだす事が可能なビジネスです。

 

・コンテンツが集客をしてくれて
・コンテンツが商品の魅力をアピールしてくれて
・コンテンツが商品を販売してくれる

と、いう仕組みを作っていくが現実的に可能なのです。

 

情報発信でも収益化できるようになれば、せどりの収入+情報発信の収入と、異なる2つの収入源が確保できるビジネスモデルが出来上がりますし、何より収入が青天井になっていきます。

 

5,時間を使わず、効率良く稼げる

先ほども書きましたが、情報発信を仕組み化していけば、効率よく稼ぐ事が出来ます。

 

一定のレベルまでくれば、せどり以下の労働で、せどり以上の収入を得ることも可能です。

元手ゼロ、仕入れ値ゼロで利益率100%で、一度コンテンツを作ってしまえば、需要がある限りいくらでも売ることができます。

 

基本的には購入してもらったら、コンテンツを商品として送るだけですので、梱包や発送の必要もありませんので、時間を消費することなく、収益につなげることができます。

 

もちろん最初のコンテンツ作成や、マーケティングを学ぶ事は大変ですが、軌道に乗せてしまえば、仕入れも出品も発送も必要ありませんので、旅行中でも収入を生み出せます。

 

6,初心者でも取り組みやすい

「情報発信」と聞くと、コンテンツを作るのが難しそう、と言われる事も多いですが、そんなことはありません。

 

テキスト作成

なんせ、普段やっているせどりの知識を、そのままテキストや動画にまとめるだけです。

 

例えば、

  • 「今日は〇〇へ仕入れに行き、××を△△円で仕入れてきました」
  • 「仕入れの根拠は○○を見て、確実に売れると思ったからです」
  • 「仕入れた××を△△円で販売し〇〇円の利益が出ました」

 

こんな感じで、「やった事」「事実」をそのまま書くだけですし、文章を整えてテキストや動画にすれば、それでもう立派なコンテンツです。

 

もしかしたら、ある人には役に立たないかもしれませんが、これからせどりを始める人、せどりで稼げず悩んでる人によっては、有益な情報となるはずです。

 

オリジナルで小説を書こう、という話ではなく、普段やっているせどりの方法、事実をそのまま書くだけなので、一般的な文章力さえあれば、誰でも情報発信は可能です。

 

7,実績やスキルがあれば、即利益につなげられる

コンテンツを作成する際に必要なのはエビデンスです。

 

特にせどりのような「お金が稼げるノウハウ」は「実際に稼げている」というリアリティがないと売れませんし、実際に稼げないのであれば、販売してはいけません。

 

データ実績

そのために必要なのが「実績・データ・根拠」といった「エビデンス(証拠)」です。

 

通常、コンテンツを作る際は、自分の知識をコンテンツ化していきますので、この証拠の提示がハードルになってきます。

 

ですが、せどりをしていて、実績があり、スキルがある方であれば、もうすでにこの「証拠」を持っています。

 

普段のせどりで、仕入れた商品の写真、Amazonなどの画面キャプチャ、銀行の入出金記録といったものを残しておくだけでいいのです。

 

普段やっていることを写真に撮るだけ、これだけで立派な「稼げている証拠」としてコンテンツに載せることができます。

 

せどりで10万でも、20万でも稼げている時点で、一般の方からは凄い事ですので、情報発信に必要なものはすでに揃っているのです。

 

まとめ

せどりで利益を出せるようになったら、是非その情報を発信しましょう。

 

メリットとしては

1、物販を⼈に教えられるようになる
2、ビジネスがより⼀層楽しくなる
3、情報発信の利益を物販に再投資できる
4,個人で月収100万~1億と収入が青天井
5,時間を使わず、効率良く稼げる
6,、初心者でも取り組みやすい
7,実績やスキルがあれば、即利益につなげられる

です。

 

せどりの情報発信は効率よく稼げる手段で、しかも現在持っている材料だけで、立ち上げることができますので、やらない理由はありません。

 

情報や知識を自分の頭の中にだけ置いても1円にもなりませんが、自分の知識やスキルをコンテンツ化していけば、収益化が可能です。

 

せどりと並行して、情報発信にも挑戦し、ビジネスの可能性をどんどん広げて、ビジネスそのものを楽しんでいきましょう。

 

今回解説した、せどりの情報発信について、以下の記事でも詳しく解説していますので、今回の記事と併せてご覧ください。

https://www.sedori-pacchan.com/affiliate/14432/


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。