せどりや転売の情報発信を学ぶコンサルタントの選び方!

情報発信のコンサルティング

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回は「せどりや転売の情報発信を学ぶコンサルタントの選び方!」です。

 

せどりや転売で得たノウハウは、情報発信をしていく事で、より多くの収入を得たり、新しいコミュニティともつながることができます。

 

ですが、いきなり情報発信といっても、おそらく右も左も分からない状態のはずです。どうやって進めていけばいいか分からない人が大半です。

 

結論からお伝えすると、情報発信で成果を出している先人に学びのが一番良いです。

 

つまり、情報発信者のコンサルを受けるのが、情報発信での成功の最短ルートです。

 

とはいえ、せどりのスキルもピンキリなように、情報発信者にも「おすすめできる人」と「おすすめできない人」がいます。

 

その見極めは非常に難しく、最終的には「受けてみないと分からない」という部分もありますが、あなたが良いコンサルタントを付けられるように、優秀な指導者の選び方の、ポイントを解説していきたいと思います!

 

情報発信に必要な8つの要素

「情報発信」に必要な8つの要素について解説します。情報発信のコンサルタントにはこの8つの要素が必要不可欠です。

 

教わる側もこの8つを理解しておかないと、いざコンサルタントを選ぶときに何を基準に選んでいいのか判断がつきません。

 

  • 知識
  • ライティングスキル
  • セールス
  • 集客
  • ブランディング
  • 実績
  • 「GIVE」マインド
  • コンサルティング

 

コンサルを選ぶときに基準となる、この8つ要素を確認しておきましょう。

 

知識

情報発信の前提条件として必要なのが「知識」です。せどり全般の知識はもちろん、情報発信のためのスキルやツール、ノウハウに精通している必要があります。

 

あまりせどりに関する知識もないのに、高いコンサル料を払わせ、ネットでかき集めた程度の知識を教えるだけの、悪質なコンサルタントもいます。

 

そんな詐欺まがいのコンサルを選ばないよう、コンサルタントを探す際は「正しい知識を有しているか」を確認しましょう。

 

これは、そのコンサルタントのブログを見たり、無料で受け取れるメルマガなどを、実際に受け取ってみるといいです。

 

実際やっている人にしか分からない、注意点が書かれているかや、実際利益を上げているかどうかを確認します。

 

ライティングスキル

ライティングとは書くこと、つまり文章力の事です。

 

ライティング

現在では動画系も多くなってきましたが、それでも情報発信は、まだまだ文字によるテキスト形式が主流です。

 

この文章力は「人にきちんと伝えられる力」の事です。これが無いとどんな貴重な情報も、その価値をユーザーに認識してもらえません。

 

優秀なコンサルタントは、伝える力に長けており、自分の持っている知識を、初心者にもかみ砕いてわかりやすく教えることができます。

 

また、読みやすく、丁寧な情報を書けるため、読み手にストレスを与えません。

 

文章力があればコンサル生に指導・添削することもできるため、文章力のあるコンサルタントから師事を受けることで、わかりやすい記事を作成できるようになります。

 

ライティングスキルの無いコンサルタントに教わっても、人に正しく伝える力はつきません。

 

結果、お金を出して、人に読んでもらえない、売れない記事を書いて発信してしまうだけです。

 

情報発信は発信することが目的なのではなく、「発信した内容をユーザーに伝える事」が大事です。人に伝える能力、文章力が高い人をコンサルに選びましょう。

 

このライティングスキルはブログやメルマガ、SNSで簡単に確認することができます。読みやすく、丁寧な記事を書いているコンサルタントを選びましょう。

 

セールス

セールスとは「売り方」の事です。情報は記事などの形にするだけでは意味がありません。売れて初めて対価という「価値」に変わります。

 

優秀なコンサルタントは、優秀な情報を作るだけではなく、それを効果的に販売する方法にも長けています。

 

せどりもそうですよね?どんなに良いものを安く仕入れても、売り方が悪いと商品が売れず利益になりません。情報発信もセールスが上手なコンサルタントに教わりましょう。

 

コンサルタントのブログやメルマガなどを見ながら、誘導の仕方に違和感がないかどうか確認してみましょう。

 

まったく誘導しないとか、逆に誘導やアピールが強すぎて「売りつける気満々」みたいな訴求をしているコンサルタントは優秀とは言えません。

 

集客

店舗と違い、ネットの世界では通りがかりのお客さんが、商品を買うという事はほぼありません。

 

情報(商品)を作ったら集客を行い、自分のブログなどにお客さんを集め、見て買ってもらう必要があります。

 

そうしないと商品はいつまで経っても売れません。

 

集客

集客は商品を売るために非常な重要な要素です。極端なことを言えば、情報商材の質が低くても集客力が高ければ商品はある程度売れます。

 

「集客力が高い=販売能力が高い」と考えてOKです。この集客力に長けているコンサルタントを選びましょう。

 

集客力に長けているかどうかは、LINE@の登録者数や、SNSのフォロワー数などで確認が出来ます。

 

フォロワーさんや友達が多い、ブログにアクセス数を集められているなどで、あれば「横のつながり」を生む能力が高いコンサルタントである事が多いです。

 

ブランディング

ブランディングとは「自分・自社の商品の価値を高める」ことです。

 

ブランディング

商売の世界では「イメージ」が重要です。イメージが良ければ、その商品は本来の価値以上の価格で、しかもたくさん売れていきます。

 

高級ブランドの洋服がいい例で、ブランド品はメーカー品の何倍もの価格で売られています。使っている生地は同じ綿にもかかわらず、です。それでもお客様は購入します。

 

もちろん綿そのものの質の良さとか、デザイン要素もあるでしょう。ですが、それを加味してもブランド品は高額です。それでも売れる理由は「ブランド」として認知されているからです。

 

お客様は「そのブランドだからこそ」「そのブランドが欲しいからこそ」メーカー品の何倍もの価格でブランド品を買うんです。

 

「ファン」と言い換えてもいいでしょう。商品価値や価格の安い高いではなく「そのブランドだから」「この人だから」買うのです。

 

ブランディングによって「商品価値を高める」と商品のニーズを呼び、高い価格で販売することができます。ブランディングは販売力・利益率を高めるために非常に重要です。

 

逆にどんなに良いものでも、お客さんに良いものだと、思わせることができなければ安くても売れません。

 

優秀なコンサルはこういったブランディング、「見せ方」が非常にうまいです。

 

実績

せどりや転売の情報商材を買う、または買いたいと思っているユーザーは「せどりで稼ぎたい」「転売で稼ぎたい」と思ってその情報にお金を出します。

 

なので、稼いでいる人の情報でなければ説得力がありません。説得力をもたせる実績を提示することは重要です。

 

稼げていない、実績のない人の情報なんて怪しくて買いませんよね?コンサルタントをする人は当然この実績が無くてはいけません。

 

さらに言えばコンサルタントを選ぶときはせどりの利益だけではなく「今までコンサルしてきた実績」も重要です。

 

これを提示していないコンサルタントは避けたほうが良いです。

 

 

なぜなら、売り上げや数字といったものはある程度改ざんできてしまうからです。

 

なので、教えた人が実際に稼いでいるかどうか、を見て判断するのが良いかなと思います。

 

「GIVE」のマインド

情報発信は「信頼」が重要な商品です。食べ物や道具と違って、物の形があるわけではありません。

 

買う側は「この人の商品なら大丈夫だろう」という信頼のもとコンテンツを買うのです。なので、信頼がない商品は売れません。

 

そして信頼を得るには先に「GIVE(与える)」をしなくてはいけません。優秀なコンサルタントは、先に有益な情報を発信し、ユーザーに利益をもたらします。

 

その利益の恩恵を受けた人たちは、コンサルタントに対して感謝と信頼を覚えます。

 

そうすることで、有料の商材に対して強い興味を持ち、信頼のもと購入するようになります。

 

優秀なコンサルタントは、必ず無料でしっかりと有益な情報をたくさん提供しています。下手したらそれだけで利益が取れるくらいです。

 

コンサルタントの配信する情報やブログを見て、そのコンサルタントの方は「先にGIVEしているか」を見てみると良いです。

 

コンサルティング

今まで8つのうち7つの要素を解説してきましたが、やはりコンサルタントに必要な能力で一番重要なのは「コンサルティング能力」です。

コンサルアイキャッチ
  • 初心者にもわかりやすいよう指導できるか?
  • 間違っている点を正しく修正・添削できるか?
  • 感覚ではなく理論に基づいて解説できるか?

 

どんなに実績がある人でも、それをコンサル生に教えることができないと、意味がありません。

 

これは実際にコンサルを受けたユーザーの声などがあれば、それを見て実際にその人たちが稼げるかどうか追って確認してみるのが一番です。

 

 

まとめ

コンサルタントを選ぶときは、今回解説した8つの要素を踏まえて選びましょう。

 

  • ブログを見たり無料メルマガを見る
  • FacebookやTwitterなどのSNSを見る
  • 実績を提示している

 

もちろんすべての要素をブログやSNSから見抜くことは不可能です。ですが少なくとも適当に選ぶよりは、良いコンサルタントの方に巡り合える可能性が高くなります。

 

決して安くないお金を出して受けるコンサルタント。下手なコンサルタントを選んでしまうと時間もお金も無駄に消費してしまいます。

 

焦らずしっかりと調べて信頼できる、最高のコンサルタントを選びましょう。


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。