メルマガで稼ぐ方法や仕組みについて

どうも!ぱっちゃんです!
本日は、メルマガで稼ぐ方法について
その全体像や稼ぐ仕組みを教えていきます。




メルマガというのは購読登録をしてくれたお客さんに、
こちらから広告付きのメールなどを送り
収益を発生させることができるビジネスモデルです。




ですがネットビジネスに不慣れな方は
メルマガでビジネスと言われてもピンとこないですよね?




そんな方のために今回は僕がメルマガアフィリエイトや
メルマガで稼ぐ仕組みについてめちゃくちゃ基本的な所
からわかりやすく丁寧に解説していきます。



そもそもメルマガとは?

なんとなく想像がつくと思いますが、
メルマガっていうのは「メールマガジン」の略です、




企業や、僕たちサイト運営者からみなさん、
読者さんや顧客に向けて定期的に配信するメール
の事です。




楽天とか利用している方はよくメルマガを
受け取っているんじゃないかと思いますが
以前商品を買ったお店からこういうメールきてません?









「ショップ○○より今だけ○○%オフセール!」
という感じで僕のアドレスに届いた楽天からのメルマガです。



  1. お客さんがメルマガ配信を登録する
  2. 登録者が増える
  3. 登録者に向けてメールを配信する

簡単に解説するとこんな感じで、
雑誌の定期購読申込みみたいなものですが
もちろん僕のブログにもあります。





ここから定期購読を申し込んでくれた人に向けて、
一斉送信することができます。
(メルマガ業者を使用した場合)



メルマガのメリット

まずはメルマガを使うことの
メリットからご紹介しますね。



レバレッジの力で爆発的売上げ

なぜメルマガが稼げるのかと言うと、
「時間効率」が圧倒的にいい
からです。




専門用語だと、 「レバレッジ」とも言いますが
レバレッジとは「てこの原理」の事で、
小さな力で大きなものを持ち上げる仕組みですね。




例えば電話とかで営業しようとするとものすごく大変だし
1回5分で営業したとしても1時間で12人にしか対応できません。




12時間休みなしで電話かけても144人、
さらにそのペースで30日間営業かけても
4320人に対してしか営業できません。




もちろん体力的にも精神的にもしんどいですし、
相手も時間を取られますから不快に思う人も多いです。




しかしメルマガならメールを作る時間だけあればOKで
後は登録者全員に向けて送信して完了です。




たとえメール作るのに数時間かかったとしても
送信はわずか5分で完了してしまいます。




購読者がいればたったこれだけで
何千人、何万人ものお客さんに
営業をかけることができます。




メール送信という小さな力で
数万人もの顧客に営業をかけられる
まさしくレバレッジ(てこ)ですね。




 
さらにメールなので、忙しい人は見ないし
見る人は見るので電話と違って相手に負担
をかけることがありません。




結果、こちらのイメージを悪くすることなく、
短時間で多くの人に営業をかけることができ
購読者が増えれば増えるほど小さな力で大きな成果が得られ
爆発的に稼げるようになります。



ステップメールで自動化が可能

ステップメールというのは一定の条件、例えば

  • 購入日
  • 申込日

などを起点にして購読者に 自動的&定期的にメルマガを送る仕組みです。




通常のメルマガは途中から参加した人を
置き去りにしちゃうんですよね。




例えば、僕が全10回のメルマガを購読者さんに送ったとして
僕は10通送ったはずでも、5回目配信のタイミングで購読した人は
1~4回の内容が分かりません。




つまり「僕」が主体になってしまうんですね。




ですがステップメールは僕の配信タイミングではなく
読者さんが「購読してくれた」瞬間から定期的に
1~10回のメルマガを自動配信できますので
「購読者さん」が主体になります。




これを利用すると、いくら読者さんが増えても
自動的にそれぞれのタイミングでメルマガが配信され
メルマガ事業を自動化することができます。



小額の固定費で始められる

メルマガは業者にもよりますが2000円程度で始められます。
初期投資やランニングコストが数千円から始められるビジネス
ってなかなかないので凄いことですよね。




メルマガは購読者が増えれば増えるほど
先ほどのレバレッジ効果でドンドン効率良く
うまく稼げるようになっていきますので
少額で高い将来性が見込めるビシネスモデルです。



楽しいビジネスモデル

メルマガはブログ同様
「文章を書く」という作業が発生します。




ブログというのは誰が読むかわからない
「不特定多数」に向けて書く文章です。

  • 僕に興味を持ってくれた人
  • 僕にそこまで興味がない人
  • 僕のことが好きでない人
  • 僕のことが大嫌いな人

と、あらゆる人が見る可能性があるので、
書き方や文章の内容など気を遣うことも多いです。




ところがメルマガはブログと違って
気を遣うことが少なく「楽しく書ける」
という素晴らしいおシゴトなんです。




メルマガを受け取る人たちは「購読」という
手間を踏んで僕の文章を読んでくれる人たちなので
ブログに比べて距離が近いです。




だからすごく楽しいし
僕は読者さんに向けて楽しみながらお手紙を書き
読者さんは楽しみながらメルマガを読む。
そしてそんなお手紙が収益に変わる。




という感じで全方向の人たちが
幸せになれる素晴らしいビジネスです。



メルマガのデメリット

もちろんメルマガはいいことばかりじゃなくて
デメリットもあります。



集客が難しい

おそらくメルマガを始めた人の
99.9%(ぱっちゃん調べ)が悩むこの集客の問題。




メルマガは購読者さんが増えれば増えるほど
レバレッジの力で大きく稼げますし少額の費用
しかかかりません。




購読者さんが増えれば。




もう一度言いますね。




購読者が増えれば!(笑)




「購読者を増やす」
たったこれだけが果てしなく遠く、難しいのです。




僕のメルマガ読者さんは1万人ほどいらっしゃいますが
半年間で50人ほどしか増えない人なんかもざらですし
週1~2人しか増えないとお悩みのブロガーもいます。




集客はほとんどの人が悩むだけあって、
効果的な解決策が少ない項目です。




もちろん集客の基本や裏技はありますが、
近道はなく、少しずつ、色々な方法で
試行錯誤、改善し、増やしていくしくと良いです。




メルマガはどんなに濃い内容、素晴らしい内容を
配信しても購読者が少なければ効果がありません。




これが一定のラインを超えるまでに挫折する方も多く
この集客の難易度の高さがデメリットです。



コピーライティングスキルが必要

メルマガはブログ同様、文章力が必要です。
読者との距離が近い分、より文章力が重視されます。




文章力がないとせっかく購読してくれた方に
伝えたいものが伝わりませんし内容も
何が言いたいかわからなくなってしまいます。




そんな質の低いメルマガをずっと送り続けていたら
せっかく購読してくれた人たちもやがて購読を解除
してしまいます。




購読してくれる人が読みやすく飽きさせない
コピーライティングのスキルは必須です。



メルマガで稼ぐ具体的な方法

メルマガで稼ぐ主な方法は以下の通りになります。

  1. メルマガを有料にする
  2. メール自体に広告を付ける
  3. 号外広告
  4. メールの中に商品リンクを付けてアフィリエイトする
  5. メールの中で自社製品を宣伝する

1つずつ説明していきますね。



メルマガの有料化

一番シンプルで分かりやすい方法がこれで
「月額○○円」
と言う形にして購読してもらう方法です。




毎月「購読者×〇〇円」とわかりやすい形で収益が発生しますが、
有料のメルマガは登録してもらうまでが大変でよほど価値のある
コンテンツを配信しないと登録してもらえません。




また、配信頻度が低かったり質が低い配信
ばかりしていると解約されやすくなります。




専門性と質の高い優良コンテンツを配信する
という自信がある人向けの方法ですね。



無料オファー

メルマガに広告を載せて収益を発生させるタイプで
「あなたのメルマガにうちの広告を〇〇円で載せてもらえませんか?」
と依頼が来る形で契約がスタートしますが、




『無料オファー ASP』と検索すれば色々な無料オファーを
簡単に見つけることができますのでチェックしてみてください。




価格は購読者の数や広告の種類にもよって変わりますが
無料オファーでは、1件メールアドレスを登録してもらうだけで
1メールアドレス1000円~3000円などの方集が貰えます。




安く感じるかもしれませんが無料オファーの登録者が
100人いれば1回のメール送信で10万円の報酬なので
メルマガ1つ作って10万円ですからスゴイ事ですよね!




もちろん購読者が増えれば増えるほど利益が上がりますし
先ほどの有料メルマガと違って無料オファーの登録は無料
なので登録側に心理的なハードルを設けないのがメリットです。




ただし、広告狙いで頻繁に配信していると
広告ばかり送っている人だと判断され信頼を失い
メルマガ登録者の解除につながるので注意しましょう。




ちなみに、僕は読者さんに変な広告とか送りたくないし
信頼できるものしか案内したくないので無料オファーは
ほとんどしません。



号外広告

上記のオファー広告はあくまで
「メルマガに広告がついているタイプ」のメルマガでしたが、
号外広告は「100%広告」のメルマガです。




1回のメルマガの内容すべてを広告に使う方法で
広告主から送られてきた文章をコピペするだけ
なので凄く楽なんですがこれも無料オファー同様
やりすぎると信頼残高ガタ落ちなので注意です。



商品をアフィリエイトする

先ほどの広告と似たような方法ですが、
情報の代わりに「商品」を載せて配信する
メルマガアフィリエイトという稼ぎ方。




例えばメールの中にシャンプーの宣伝を掲載し、
メールを見てくれた人がそのシャンプーを買うと
商品代金の数%が収益として発生する仕組みの事で
これをアフィリエイトといいます。




商品が購入されないと収益にならないため、
広告と比べて安定性に欠けるのですがメルマガが
その内容に沿った商品を掲載することで爆発的な
収益を発生させられる可能性があります。




例えば効果的なダイエット方法や
美容方法をメルマガで配信しているとして
そこでお勧めの「サプリ」「化粧水」などを
広告として掲載して送信します。




メルマガの購読者は当然ながら美容やダイエット
に敏感な読者ばかりです。




美容に詳しい配信者がおすすめするのならば
そのサプリや化粧水に興味を持ち
購入してくれる可能性も高まります。




さらに配信者がサイトやSNSでその商品について触れ、
効果などを解説しているとさらに購入されやすくなります。




美容系を例に説明してますが、
このアフィリエイトする商品はなんでも良くて、
AmazonアソシエイトやA8NETなどの広告サイト
を利用すればたくさん出てきます。





自社製品の販売

もし自分が情報商材やサービスを展開していた場合、
その商品の宣伝をメルマガに掲載し販売することもできます。




アフィリエイトなどの場合、報酬は50%だったり
ある程度広告主に支払わないといけませんが、
自分で製品を持っていれば 100%利益になります。




メルマガで稼ぎたいと思うのであれば、
自社製品を作り販売できるようになっていくと
収益はかなり上がっていきますのでぜひ
価値ある製品を考えて作ってみてくださいね!



メルマガを送る際の注意点

最後にメルマガを送る際に注意してほしい点です。



役に立つ情報を配信する。

メルマガを見てくれている方は貴重な時間を使って
配信者のメールを見てくれていますので基本的には
読者さんの役にたつ情報を配信しましょう。




『忙しい時間を使ってみていただいている』
という気持ちはすねに忘れず1通1通を大切に
しっかりと価値ある情報をお送りしましょう。



セールスばかりしない

あまりセールスばかりしないようにしましょう。
毎回セールスのメールがきてたら送られたら
読者さんもうんざりしてしまいますし
それは単なる迷惑メールですね。



距離感に気をつける

メルマガはサイトのコンテンツよりも
よりユーザーに近いツールなので、
お互いの距離を身近に感じられます。




しかしその距離感を間違えて
「馴れ馴れしく」なったり、
「礼儀を欠いた」文面を送ってはいけません。




また、悪い意味でギャップも注意です。




ブログでは
・「いかがでしたか??」
・「○○ですよね」
と書いていた人が




メルマガでは
・「〇〇じゃねえよ!」
・「〇〇っスよ!」

という口調に変わってたら受け取り側も
違和感を感じますからね(笑)




ユーザーとの距離を詰めることができるのが
メルマガの魅力の一つでもありますが、
距離感には注意しましょう。



まとめ

メルマガはただ配信して情報を拡散するだけではなく、
有料化したり、広告を載せたり、自社製品を販売したり
さまざまな形で収益を発生させることができます。




質の高いコンテンツやメールを配信し、
購読者を増やすことができれば
少ない労力でより高い収益を上げることが可能です。




メルマガで稼ぐ方法というと難しいイメージ
を持ってる方も多いと思いますがメルマガは
ネットビジネスの中で最強の稼ぎ方です。




より少ない労力で、大きく稼ぎたいと思う方は
是非メルマガに挑戦してみてくださいね!!




それでは!
最後まで読んで頂きありがとうございました。


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
「完全在宅の物販ビジネスで多くの実績者を輩出した
29800円相当の有料教材」プレゼント中。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をプレゼント。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。