「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」の真実

「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」の真実

どうも、ぱっちゃんです。

 

本日は、「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」についてお教えしていきます。

 

「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」で稼げるは本当?

 

結論から言うと、「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」で稼げるは、嘘偽りなく、本当です。

 

 

例えば、僕の場合は、物販ビジネスに関しては、スタッフに自分のスキルを継承して、自分の代わりに作業をしてもらっていますから、僕が何もしなくても、スタッフが代わりに稼いでくれています。

 

また、物販ビジネス以外にも情報発信ビジネスでの収入がありますが、インターネット上に、仕組を作っているので、何もしなくても、勝手に商品が売れていく現象がおこっています。

 

スマホでスタッフに指示をするだけで、メールを1通送るだけで、ありえないぐらいの金額を稼ぐ事もあります。

 

僕が、寝てても、テレビを見ていても、漫画を読んでいても、旅行にいってても、”仕組み”が僕の代わりにお金を稼いでくれてるからです。

 

そのような僕の実体験から、不労・片手間・隙間時間・ほったからかしで稼げるは、嘘ではなく、現実的に再現可能だと言えます。

 

最初から楽に稼げるわけではなく、徐々に楽になる

 

とはいえ、「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」で稼げるという事は、最初から楽して稼げるというものではありません。

 

 

確かに、「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」で稼げる事実はありますが、それは、ビジネスの”仕組み”を作ってこそ可能になる事であって、決して楽な道ではないですし、楽して稼げる方法なんてありえないのです。

 

 

今回僕が特にお教えしておきたい事は、この部分ですので、ぜひ「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」の真実を理解しておいてください。楽に稼げる方法があれば、世の中の人は、全員お金もちですから。

 

真実を知ってないと、「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」で稼げるという怪しい案件に引っかかり、時間もお金も無駄にしてしまう事があるので、注意が必要です。

 

 

 

不労・片手間・隙間時間・ほったらかしで稼ぐ仕組みの作り方

 

・物販ビジネスを人に任せて自動化する。

では、どうやって、ビジネスの仕組みを作っていくのですが、物販ビジネスを自動化を例にあげます。

 

物販ビジネスであれば、基本的には、まずは、自分で物販を実践していくことが基本です。

 

まずは、自分でやってみる。そして成果が出たら、その流れを細分化して、マニュアル化し、外注・スタッフにスキルを継承して、自分の代わりにやってもらう。

 

そんな流れで、自動化の仕組みを整えていきます。

 

まとめ

 

「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」で稼ぐ事は、現実的に可能ではあるが、時間がかかります。

 

「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」で稼ぐには、仕組みづくりが必要不可欠で、地道な努力が必要です。

 

この2点の真実から、「不労・片手間・隙間時間・ほったらかし」で稼ぎたいのであれば、無駄な情報に振り回される事なく、最短距離で仕組みづくりに注力していく事が大切です。

 

 


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
「完全在宅の物販ビジネスで多くの実績者を輩出した
29800円相当の有料教材」プレゼント中。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をプレゼント。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。