ヤフーショッピングの出店方法や審査基準、落ちる理由、対策を解説!

ヤフーショッピング 出店方法

どうも、ぱっちゃんです。
本日は、ヤフーショッピングの出店方法や審査基準、落ちる理由、対策についてお教えしていきます。

 

物販で稼いでいる人の多くが、Amazonを販路のメインにしているかと思います。確かにAmazonは非常に優秀で、これからも物販販路のメインになることは間違いありません。

 

ですが、 1つのプラットフォームに頼った販売はアカウントが凍結された場合のリスクが高くなるため、できれば販路は複数持っておくべきです。

 

販路を複数持っていると1つの販路が凍結されても、他の販路で収入を継続して得ることができますね。

 

また、リスク回避という意味だけではなく、 複数販路があればその分多くの人に商品を見てもらえるので、単純に売れる可能性がアップします。

 

このように、メリットが多い複数販路開拓ですが、現在多くの商品を販売できる販路で、集客力やコストの面において現実的なプラットフォームはそう多くありません。

  • 楽天市場
  • Wowma!
  • Yahoo!ショッピング

 

この辺りが現実的な候補になってきます。(メルカリやヤフオクもありますが、基本的に商用利用不可なので大量物販はできません)

 

この中でも 出店コストの低さと集客力のバランスから僕はYahoo!ショッピングをおすすめします。今回はそんな第二の販路として活用できるYahoo!ショッピングについて解説します。

 

ヤフーショッピングとは?

Yahoo!ショッピングはその名の通り、ヤフー株式会社が運営するショッピングモールです。

 

よくヤフオクと混同する人がいますが、ヤフオクは個人同士の取引の場、フリマのようなもので、対してYahoo!ショッピングは企業が出店するショッピングモールです。

 

厳密に言えば違いますが、ヤフオクがメルカリで、Yahoo!ショッピングがAmazonや楽天市場のようなものだと思ってください。(Amazonにも個人セラーはいますがあくまでイメージとして、です)

 

本格的に物販をする際、第一候補はやはりAmazonですが、第二候補となると多くの人が楽天市場かYahoo!ショッピングで悩むと思います。

 

正直なところ、楽天市場にもYahoo!ショッピングにも良し悪し、メリットデメリットがあります。

 

が、 規模の大きくない、物販プレイヤーには断然Yahoo!ショッピングをおすすめしています。

 

理由はいくつもあるのですが、 Yahoo!ショッピングは運用コストと規模のバランスが良いモールです。

 

ECモールを比較するときはよく「流通総額」という「そのモールでどれだけの取引があったか」で比較します。

 

それによると楽天市場は約3兆4000億円、Yahoo!ショッピングは約9500億円。

 

規模だけで言えばAmazonや楽天市場には及ばないものの、国内第三位のモールであることは疑いようがありません。国内流通総額、出店数ともに非常に大きい規模です。

 

そんな大きなモールにも関わらず、 出店コストが異常に低いです。

 

Yahoo!は「Eコマース革命」といって、出店している店舗から「初期登録費用」や「ロイヤリティ」といった各種手数料をゼロにしています。

 

つまり「出店コストがムチャクチャ安い」んです。楽天市場と比較するとYahoo!ショッピングのコストの低さがはっきりわかります。

こちらは楽天市場の出店プランです。楽天市場は一番安いプランでも月々2万円+システム手数料がかかります。ですがこのプランでは厳しいのでほとんどの人がスタンダードプランを利用します。

 

そうなると月々にかかるコストは5万円+売り上げの2.0~4.5%。よほど大きな法人でもない限り決して安くはありません。

 

さらに初期費用で6万円ほどかかりますから、個人ではちょっとハードルの高さは否めないですね…もちろんコストの問題さえクリアできれば非常に優秀な販路であることは間違いありません。

Yahoo!出店費用

 

一方で Yahoo!ショッピングは初期費用、月額費用、システム手数料といったものがすべて無料です。

 

一応商品が売れた時にTポイント原資などの手数料はかかりますが、売れなければランニングコストはかかりません。

 

出店するだけで毎月数万円かかる楽天と比べると、Yahoo!ショッピングは規模の小さい方にとっていかに魅力的であるかわかってもらえると思います。

 

確かに規模や集客では現在の所、楽天にリードされているかもしれません。ですが、このランニングコストを含めて考えると利用価値は非常に高いと言えるでしょう。

 

楽天市場が「利用者が非常に多いが、コストが非常に高い」モールだとすると Yahoo!ショッピングは「利用者も結構多いのにコストは激安」だと言えます。

 

本当に楽天市場とYahoo!ショッピングどちらがいいかは個人の規模や資金にもよりますが、手軽に出店できるYahoo!ショッピングは初心者や副業の方に強くお勧めできます。

 

ヤフーショッピングに出店申し込みする手順

Yahoo!ショッピングに出店する手順自体は非常に簡単です。まず、Yahoo!ショッピングのサイトにアクセスします。

Yahoo!ショッピングサイト

Yahoo!ショッピング公式サイトへ

 

サイトの中にある 「プロフェッショナル出店で申込み」をクリックします。

 

Yahoo!ショッピングには手軽に出店できる「ライト出店」もありますが、制限が多く、将来性がありません。

 

なので、今後売り上げが上がってきた時のことを考えるとお勧めできませんし、 Yahoo!ショッピングはプロフェッショナル出店一択です。

プロフェッショナル申し込み

あとは申し込みフォームに入力して送信するだけ、たったこれだけです。

 

すると2~3日ほどしてからYahoo!ショッピング担当者から電話で連絡があり、簡単な確認が済めば審査は完了です。その後、メールで合否が送られてきます。

 

入力フォームの必要事項

では、出展申し込みに必要な項目を一つずつ確認していきましょう。入力フォームは以下の8つの項目の入力が必要です。

  1. Yahoo!JAPAN ID
  2. クレジットカード情報
  3. 代表者情報
  4. 銀行口座情報
  5. 開業届け写し
  6. 住民税の納税証明書写し
  7. 出店予定商材情報
  8. 販売免許、許可証

 

一つずつ個別に解説します。

  • Yahoo!JAPAN ID

まずYahoo!JAPAN IDが必要になります。今まで使用していたものではなく、 できれば新規で作成しましょう。(理由は後述します)

 

Yahoo!JAPAN IDは規約違反でもなんでもなく、Yahoo!からも公式に一人で複数のID作成が認められています。

 

今まで使っていたIDだと場合によっては出店審査に不利になることがあります。逆に新規であることは審査には影響しません。

 

  • クレジットカード情報

有料のオプション等を使用した場合、発生した差額はこのクレジットから引き落としされます。

 

法人の場合は法人名義のクレジットカードを、個人事業主の場合は代表者のクレジットカードを登録しましょう。

 

  • 代表者情報

各種情報の精査やクレジットカード決済サービスの加盟店審査の際に使用します。

 

法人の場合は、 登記簿謄本に記載されている会社名、住所と13桁の法人番号を入力してください。

 

個人事業主の場合、会社名は 確定申告書に記載した屋号またはストア運営される屋号を入力します。

 

  • 銀行口座情報

売上金を振り込む口座を登録します。クレジットカード情報同様法人なら法人名義、個人事業主なら代表の名義で登録します。

 

公式で細かい条件を見て見ると、以下のようになっています。

  • ゆうちょ銀行は登録できません
  • 法人は、企業名をすべて含む銀行口座が必要です
  • 代表者名義のみの銀行口座は、お申込みの代表者と名義を全て一致させてください
  • 個人事業主様は、お申込みの代表者を含む銀行口座が必要です

 

当然ですが、 クレジットカード情報や代表者情報の名義は必ず一致するようにしましょう。

 

  • 開業届け写し

こちらは個人事業主のみです。開業した際に税務署に提出した開業届、正式名称 「個人事業の開廃業届出書」の写しが必要です。

 

創業数十年経過等により開業届写しのご提出ができない場合は、確定申告書または青色申告書を提出すればいいようです。

 

  • 住民税の納税証明書写し

こちらも個人事業主のみです。 直近2年以内の住民税の納税証明書写しを提出してください。

 

ただし、前年度学生だったなどの理由で納税証明書が提出できない場合は「住民税の課税・非課税証明書」を提出して下さい。

 

  • 出店予定商材情報

実際にどんな商品を販売するか入力します。Yahoo!ショッピングでは販売できない商品もありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

ただ、 この項目に関しては無難に「雑貨」にしておきましょう。

Yahoo!ショッピングガイドライン
https://business-ec.yahoo.co.jp/regulation/

 

  • 販売免許、許可証

「出店予定商材情報」で入力した商品によっては免許や情報が必要な場合があります。免許や許可証の情報が必要な商材は以下の通りです。

必要免許一覧

基本的にはこの項目に当てはまらない商材で申請しましょう。

 

と言うのも、ややこしい商品で申請すると審査が複雑化して、落ちる可能性が高くなるからです。わざわざ審査のハードルを上げることはありません。

 

ただし、「古物商」に関しては取得済であれば積極的に入力しましょう。

 

以上の8項目を入力したら送信します。

 

ヤフーショッピングの審査基準について

申請手順そのものは非常に簡単なのですが、実はYahoo!ショッピングの出店審査は若干厳しく、誰でも簡単に、というわけにはいきません。

 

先ほどの申し込みフォームを送っても全員に出店許可が下りるとは限りません。というより、僕の感覚で言えば「結構な確率で落とされる」気がします。

 

Yahoo!ショッピングでは出店可否の審査基準を明らかにしていませんので、正確なところは誰にも分かりません。

 

ですが、僕が見てきた限りで言えば 出店許可が下りた人にはいくつかの「対応の共通点」がありました。

 

その対応について解説します。もちろんすべて実施したからと言って必ず出店許可が下りるとは限りません。

 

ですが、許可が下りる可能性は高くなるはずです。難しいものは一つもありませんので、是非実践してみましょう。

 

ヤフーショッピングの出店審査の対応方法

出店審査に通りやすくなる対応ポイントは全部で 10個です。

  1. Yahoo!プレミアム会員になっておく
  2. 新規のYahoo!JAPAN IDを使用する
  3. 出店者情報はすべて完全一致させる
  4. 取り扱い商材は無難なもので申請する
  5. 他の販路での実績も気にしておく
  6. メールアドレスは独自アドレス、電話番号は固定回線
  7. Yahoo!ショッピングからの審査の確認電話には必ず出る
  8. 開業届と住民税納付書類は一式そろえる
  9. 最後にきちんと見直しをする
  10. 何度も申請する

 

一つずつ解説していきます。

 

Yahoo!プレミアム会員になっておく

まず、真っ先に Yahoo!プレミアム会員になっておきましょう。

 

Yahoo!プレミアムは月額498円(2019年6月現在)でYahoo!グループの様々な特典が受けられるサービスです。特典は違いますが、Amazonプライムのようなものと思っておください。

Yahoo!プレミアム

 

僕が知る限り、 Yahoo!ショッピングの出店審査に通った方は全員Yahoo!プレミアム会員でした。当然ですが、審査側の心理として、自社サービスに加入しているほうが印象は良いですよね。

 

たった498円のことで審査が有利になるなら安い物です。会員になっておくと、ヤフオクの落札手数料などでも優遇や特典が受けられます。是非入っておきましょう。

 

新規のYahoo!JAPAN IDを使用する

出店審査を受ける際は できるだけ新しいYahoo!JAPAN IDを使用しましょう。Yahoo!JAPAN IDは1人何個でも取得できます。

 

これは、有利にするというよりは「不利にならないよう」にするためです。

 

というのも、既存のIDで申請した時に、過去ヤフオクやYahoo!ショッピングで以下のような行為があった場合、出店審査で不利に働くようです。

 

  • ヤフオクなどで転売認定されるような販売記録がある
  • ヤフオク、Yahoo!ショッピングで高額決済の記録がある
  • 大量の落札記録がある

 

つまり、「一般的な消費者・販売者ではない」と判断されたIDだと、申請に通らなくなるようです。

 

Yahoo!側としてはできる限り一般的なルート(卸業者→販売など)で販売を行う業者を厳選したいと思うはずです。

 

そのため、怪しい取引記録が残っているIDよりは何の情報もない新規IDの方がいいでしょう。

 

出店者情報はすべて完全一致させる

当然ですが、クレジットカード情報、銀行口座情報、代表者情報などの個人情報関連はすべて名義などの情報が一致するようにしておいてください。

 

何か一つでも異なる点があると落とされます。

 

Yahoo!ショッピングの出店審査は、入力項目に何か間違いがあってもYahoo!側からこちらに問い合わせをしてくれることはありません。

 

「情報が異なる=即審査落ち」になります。ここは絶対に守ってください。

 

取り扱い商材は無難なもので申請する

取り扱い商材ですが、 申請の際は「雑貨」「服飾」など無難なもので申請しておきましょう。

 

ブランド品などの「追加情報が必要になる商材」は審査が複雑化し、厳しくなります。結果、審査に通りにくくなってしまいます。

 

雑貨で申請したからと言って雑貨しか販売できないわけではありません。

 

ただし、 「古物商許可」を用いて販売するものがあるならこれは堂々と申請しましょう。それにより、本気の出店であることがYahoo!側にアピールできます。

他の販路での実績も気にしておく

申請すると、おそらく入力した情報から Amazonや楽天市場での実績も確認されます。

 

Yahoo!からすれば、できる限り優良な出店者に許可を出したいと思うのは当然です。

 

他の販路での実績があまり良くない場合はできる限り情報が出ないよう対策を取って申請するといいでしょう。

 

メールアドレスは独自アドレス、電話番号は固定回線

申請時にメールアドレスや電話番号を入力しますが、メールアドレスはキャリアアドレス(@docomoなど)やフリーメールアドレス(@Gmail)は避けましょう。

 

独自ドメインで取得したメールアドレスがベストです。

 

電話番号もスマホ、携帯の番号は避け、できる限り 固定回線の番号で登録しましょう。要するに「お店らしい」情報が必要だということです。

 

一般のお店でフリーメールアドレスや携帯電話の番号で登録しているお店ってほとんどないですよね。

 

Yahoo!ショッピングからの審査の確認電話には必ず出る

申請すると2~3日でYahoo!出店審査担当者から電話で確認が来ます。 この電話には絶対に出てください。

 

もし出られなかった場合は 必ず折り返して理由を説明してください。電話に出られず、また折り返しもしなかった場合は無条件で審査に落ちるようです。

 

Yahoo!ショッピングに出店しているショップは基本「お店」ですから、人が常駐していて常にお客様からの問い合わせに対応できるのはある意味当然。

 

というか必須条件ですよね。この点を確認しているのだと思います。

 

開業届と住民税納付書類は一式そろえる

こちらは個人事業主のみですが、 開業届や住民税納付書の書類を提出するときはできる限り多めに資料を揃えて提出しましょう

 

例えば開業届を出している人の多くは、青色申告のために「所得税の青色申告承認申請書」などを提出してると思います。

 

住民税も前期と前々期の2口(2年分)用意できるはずです。決められた必要最低限の書類ではなく、より多くの書類を提出すると好印象です。

 

出し過ぎて不利になることはありません。これ以外にも付帯する書類があればできるだけ出して信頼性を高めましょう。

 

最後にきちんと見直しをする

審査落ちで最も多い理由が実は書類の不備という話もあります。誤字脱字、入力漏れや間違いなどの単純ミスです。

 

こんなつまらないことで審査に落ちるのは非常にもったいない話です。

 

申請フォームの入力が終わったら 送信する前に必ず見直しをしましょう。

  • 誤字・脱字がないかどうか
  • 入力漏れがないかどうか
  • 名義などの情報が一致しているかどうか

 

先ほども書きましたが、書類に不備があった場合、Yahoo!からわざわざ事実確認をしてはくれません。問答無用で落とされます。

 

このほかにも今回紹介している10個の対応を確実に行っているかどうかも併せて確認してください。

 

何度も申請する

実は 出店審査には何度でも申込できます。特にペナルティなどもありません。3回目、4回目の申請で通ったという人もいるので、定期的に申請してみましょう。

 

もちろん同じ内容だと、何度も落とされる可能性があります。落とされるということは落とされる理由があるのです。

 

申請のたびにきちんと内容を見直して申請する必要があります。その際、できることなら以下の情報を変えるといいようです。

 

  • クレジット情報や口座情報を変える
  • IPアドレスを変える

 

可能であればこれらの情報を変えて万全の申請内容で送信しましょう。

 

ヤフーショッピングで出品方法と審査の対策まとめ

Yahoo!ショッピングはAmazonの次の第二の販路として非常に優秀ですし、出店の際の初期費用やランニングコストも非常に低いです。

 

そのため、Amazon+Yahoo!ショッピングという複数販路であれば規模の小さい、副業、初心者の方でも負担を抑えて利益拡大が見込めます。

 

ですが、Yahoo!ショッピングに出店するためには審査に通らなくてはいけません。 この審査、現在非常に厳しくなっているので。

 

これから申請する方はしっかりと今回紹介した審査の傾向と対策を理解して申請することをおすすめします。

 

国内最大のYahoo!ショッピングに出店し、より多くの販売チャンスをつかみましょう!


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


2 件のコメント

  • 福本美穂子 より:

    Amazon無在庫経験はありますが、ヤフショこれからです。宜しくお願いします。

  • Miho⭐︎san より:

    Amazon無在庫経験はありますが、ヤフショこれからです。宜しくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。