YouTubeのチャンネル開設方法や設定方法!

youtubeチャンネル作成方法

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回は「YouTubeのチャンネル開設方法や設定方法!」です。

 

今やyoutubeアフィリエイトや、情報発信方法の一つとして、欠かせなくなったYouTubeですが、今後コンテンツは動画系が主流になっていくのは間違いありません。

 

youtubeアフィリエイトや、情報発信等で稼ぐことに興味がある肩は、YouTubeチャンネル作成は、簡単にできますので、まずはこの記事の手順通りに開設してみてください!

 

YouTubeチャンネル開設方法

では早速チャンネルを開設してみましょう。

 

YouTube登録にはGoogleアカウントが必要ですので、持っていない方や、個人用と分けたい方はまず取得しましょう。

 

Googleアカウント

https://myaccount.google.com/intro?tab=kk

取得したらそのアカウントで、YouTubeにログインします。Googleアカウントを持っている方は、そのアカウントでそのままYouTubeにログインしましょう。

 

ログインしたら、右上の自分のアイコンをクリックします。

 

チャンネル作成

すると、「チャンネル作成」という項目があるのでクリックします。

 

ネーム選択

チャンネル名の登録画面になり、チャンネル名は「自分の名前を使う」または「カスタム名を使う」が選べますので、好きな方を選択しましょう。

 

この2つの違いですが、「自分の名前を使う」を選択すると、Googleアカウントのアイコンと名前がそのままチャンネル名になります。

 

例えば、Googleアカウント名が「PACCHAN」なら、そのまま「PACCHAN」というチャンネルが開設されます。

 

Googleアカウントをそのままビジネスで使用している人は、「自分の名前を使う」でもいいでしょう。

 

一方「カスタム名を使う」を選択すると、好きな名前とアイコンを設定できます。通常はこちらがおすすめです。今回もこの「カスタム名を使う」で解説していきますね。

 

チャンネル名登録

「カスタム名を使う」を選択すると、チャンネル名を入力する画面に移りますので、ここでチャンネル名に使いたい名前を登録します。

 

チャンネル名を決め、その下の「新しいGoogleアカウントを独自の設定で作成していることを理解します」にチェックを入れて「作成」をクリックして下さい。

 

作成完了

これで一応チャンネルが作成されました。引き続きチャンネルの詳細な設定を行っていきます。

 

アイコン写真登録

まずは画像登録です。文字通りチャンネルの「顔」になります。

 

本人画像でもアイコンでもいいですが、こちらもあとからコロコロ変えるとユーザーが混乱します。一度決めたら変えなくていいよう、よく考えて決めましょう。

 

画像のサイズや構図によっては綺麗に表示されない場合がありますので、登録したい写真は、あらかじめ何枚か撮っておくといいです。

 

チャンネル説明入力

次にチャンネルの説明です。動画の内容や出演者などの情報を入力します。

 

動画を一番最初に見た人が、真っ先に目に入れる情報です。また検索結果にも影響するのでしっかりと入力しましょう。

 

できるだけ情報を伝えるために、それなりの文字数は必要ですが、文字が多すぎると読まれなくなりますので、必要な情報に適切に盛り込みましょう。

 

サイトへのリンク追加

YouTubeと自分のサイトや、Twitter・Instagram・FacebookなどのSNSとリンクさせることができます。

 

リンク追加

横展開はユーザー数を増やしたり、効率的に誘導するための重要な要素です。自分のブログやSNSを持っている場合は、忘れずにリンクさせておきましょう。

 

チャンネル完成

リンク設定したら、チャンネル作成は終了です。自分のチャンネルが作成され、いつでも動画投稿が行える状態になりました。

 

アカウント認証

チャンネルを開設したら、ついでにアカウント認証をやっておきましょう。アカウント認証はアカウントと電話番号を紐づけ、本人確認を行う機能です。

 

アカウント認証を行うことで、以下の機能が使えるようになります。

 

  • 15分を超える動画のアップロード
  • カスタムサムネイルの追加
  • ライブ配信
  • Content ID の申し立てに対する再審査請求

 

15分以上の動画アップロードはそのままの意味で、アカウント認証しないと15分までの動画しか流せません。

 

カスタムサムネイルは、サムネイル画像のカスタマイズが可能になります。

 

ライブ配信もそのままの意味で、アカウント認証を行わないとライブ配信を行うことはできません。

 

最後の「Content ID の申し立てに対する再審査請求」は、文字を見てもちょっとわかりにくい、というか分からないですね。なのでできる限り詳しく、かつ簡単に解説します。

 

自分がYouTubeにアップした動画に対して、他の方から「著作権が侵害された」という申し立てがあると、YouTubeのContent IDという所からクレームが入ります。

 

Content IDとは、Amazonで言う著作権侵害申し立てのようなものと思ってください。

 

「YouTubeでうちの著作権が勝手に使われているから調査してくれ」という依頼に基づいて、このContent IDが代わりに調査をするわけです。

 

これに対して「いや、そんなことはしていない」と反論できる権利が、「Content ID の申し立てに対する再審査請求」です。

 

アカウント認証していないと、「著作権侵害だ!」とクレームが入っても反論すらできないわけです。

 

もちろん本当に侵害していたらダメですが、無実や誤解の場合でも反論できません。つまり圧倒的に不利というか弱い立場のままです。

 

いざというときに自分のアカウントや動画を守るために、アカウント認証をしておき、この異議申し立てができるようにしておかなくてはいけません。

 

本当に簡単な説明ですが、ざっくりこのように覚えておいてください。

 

アカウント認証をするとこの4つの機能が利用可能になります。特に15分以上の動画とライブ配信は必須になるかと思いますので、アカウント認証は必ず行っておきましょう。

 

設定画面へ

アカウント認証方法ですが、まずチャンネル右上のアイコンをクリックします。そこに「設定」という項目があるのでクリック。

 

この「設定」は特によく使いますので、覚えておいてください。(この後も使用します)

 

設定画面

アイコンの下に「チャンネルとステータスと機能」があるのでクリック。

 

アカウント認証

次の画面で「確認」をクリックすると、アカウント認証画面になります。

 

電話をかけて、音声の自動メッセージで確認する方法と、電話番号を送信してSMSで認証をする方法があります。好きな方法で電話番号認証してアカウント認証を行ってください。

 

そのほかの設定

チャンネル作成に直接関係ありませんが、いずれ必要になる可能性の高い設定を2つ紹介します。「管理者追加」と「チャンネル追加」です。

 

管理者を追加したい場合

複数人でYouTubeを編集したい時などは、「管理者の追加」でチャンネル編集権限を持った人を、増やすことができます。

 

ただし、招待される側もGoogleアカウントを持ってないと招待できません。設定方法はまず先ほどのアカウント認証同様、右上のアイコンから「設定」をクリック。

 

管理者追加

「管理者を追加または削除する」があるのでクリック。続いて「権限」をクリックします。

 

権限を管理

すると権限管理画面になりますので、右上のアイコンをクリックしてGoogleアカウント名かアドレスを入力して管理者を招待します。

 

招待

招待する際に招待する人の役割を設定する必要があります。これは「招待する人にどのくらいの権限を持たせるのか」です。権限には3段階のレベルがあります。

 

  • オーナー
  • 管理者
  • コミュニケーション管理者

 

オーナーにすると、全ての管理権限を持たせることができます。つまり自分と同等の権限です。本当に信頼できる人以外はオーナーに設定してはいけません。

 

管理者は動画の投稿などの編集権限を持たせることができます。最も一般的な権限で、通常はこれを選択しておきましょう。

 

コミュニケーション管理者はコメントの管理などはできますが、動画投稿などの管理権限がありません。最も権限の弱い設定です。

 

それぞれやってもらいたい事や、管理の仕方に合わせて適切な権限を振り分けましょう。

 

チャンネルを追加したい場合

チャンネルを追加したい場合の設定です。新しく作り直したい時や、別のチャンネルを作りたい時などに使用します。

 

まず、他の設定と同じように右上のアイコンから設定画面に移ります。次に設定画面の「チャンネルを追加または管理する」をクリックします。

 

チャンネル追加

すると、チャンネル追加画面に移行しますので、ここでチャンネルを追加作成することができます。この後の作成方法は一番最初にチャンネルを作成した時と同じです。

 

まとめ

YouTubeは、今やyoutubeアフィリエイトや情報発信には欠かせないコンテンツです。

 

現在、流れは確実に若い人を、中心にブログ系から動画系に移ってきており、今後もその流れは続くでしょう。そのため、YouTubeは絶対に開設しておくべきです。

 

YouTubeはチャンネル登録だけなら本当に簡単です。この記事を見ながらやっても10分かからないでしょう。

 

現在、youtubeアフィリエイトや、情報発信する予定が無くても、リスクやデメリットはないので、とりあえずアカウントは開設しておきましょう。

 

そうすることで、いざyoutubeで稼ぎたい、情報発信したい、動画配信したい、と思った時すぐに行動に移せますよ!


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。