YouTubeのBGMで使える著作権フリーサイト11選!

YouTubeのBGMで使える著作権フリーサイト11選!

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回は、「YouTubeのBGMで使える著作権フリーサイトまとめ!」です。

 

YouTubeの動画内で流すBGMについて解説します。YouTubeに投稿する動画は無音だと、寂しい印象になるためBGMを流す方は多いですね。

 

ですが、だからと言ってお気に入りのアーティストの曲や、他の人が作った音楽を勝手に利用すると、著作権法違反で通報されて動画が削除されてしまいます。

 

削除だけならまだしも、その曲を使った動画でアドセンス広告などの利益を得ていると(商用利用と言います)作曲した本人から訴えられることもあり得ます。

 

そんなことにならないよう、YouTubeに使う音楽はオリジナル、もしくはきちんと権利を得るか、著作権フリーの音楽を使用しなくてはいけません。

 

今回は、YouTubeで使用できる、著作権フリーBGMを取得できるサイトを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

基本的に他人の作った曲は動画に使用してはいけない

他の人が作った音楽は全て「著作権」という法律によって守られています。著作権は簡単に言うと、「作者本人以外がその音楽を勝手に使用したらダメ」という法律です。

 

この著作権は、作者がその作品を作った時点から自動的に発生します。特許みたいに申請する必要もありません。

 

例えば、僕が今ここで、キーボードかギターで曲を作ったとします。

 

曲を作り終わった時点でその曲には僕の著作権が発生し、その曲は僕の許可なしで第三者が勝手に使用できないようになります。

 

もしこの曲を他の誰かが勝手にYouTubeなどで使用した場合は著作権法違反となり、動画の削除や使用料の請求(損害賠償)が法的に可能となります。

 

裁判

ひと言で言えば「人が作ったものをYouTubeのBGMにしちゃだめ」ってことです。

 

なので、YouTubeに使用するBGMはオリジナルで作るか、誰かにオリジナルで作ってもらう。もしくは著作権フリーのBGMを借りてくるしかありません。

 

もっと言えば、YouTubeの動画に広告をつけて収益化する場合は「商用利用」になりますので、商用利用OKのBGMを使用しないといけません。

 

でも大丈夫です。YouTubeの動画で使用できる著作権フリーのBGMサイトはたくさんあります。こういったサイトからBGMを引っ張ってくれば問題ありません。

 

BGMサイト利用時の一般的な注意点

YouTubeで使用するBGMを自分で作れる人や、わざわざ作ってもらう人はほとんどいないはずですから、基本的には著作権フリーのBGMサイトから持ってくる形になります。

 

著作権フリーのBGMサイトにあるBGMは、確かにある程度自由にBGMを利用できますが、どんな使い方してもいいわけではありません。

 

規約

特にBGM系はサイトによって、細かく利用方法や利用規約が決められています。

 

これらを読まずに好き勝手な使用をすると、著作権フリーのサイトでも訴えられたり、動画を差し止められたりする可能性があります。

 

BGMの扱いについては各サイトで細かく異なりますが、主に多くの著作権フリーサイトで注意しなくてはいけない点をまとめました。

 

二次配布・著作権虚偽表記は基本的に禁止

著作権フリーのサイトでも、基本的にほとんどのサイトで禁止しているのがこの二次配布の禁止と著作権虚偽表記です。

 

二次配布とは、著作権フリーのサイトから引っ張ってきたBGMなどをさらに自分のサイトなどで配布目的でアップロードしたり、直リンクを付ける行為です。

 

自分のサイトで、勝手に販売したりする行為も、この二次配布に当たります。

 

YouTubeで使用する分には、この規約に引っかかることはないと思いますが、もし自分のブログで使用する際は注意しましょう。

 

著作権虚偽表記とは引っ張ってきた曲に対して「この曲僕が作りました!」といういわゆるウソをついて表示することです。もちろんそう偽って販売することもNGです。

 

著作権フリーのサイトは、あくまである程度自由な使用を認めているだけであり、著作権そのものはサイト側にあります。

 

商用利用の場合ルールが追加される可能性がある

著作権フリーBGMサイトは基本的に自由に使っていい、ということにはなっていますが、動画広告で収益を上げる「商用利用」についてはルールが変わるサイトがあります。

 

私的利用については無料でも、商用利用の場合は有料になるケースもあります。

 

また、完全無料のサイトでも商用利用の場合は使用報告や、クレジット表記を絶対行うなどの追加ルールが発生するケースがあります。

 

クレジット表記をしなくてはいけない場合がある

サイトによっては非商用利用、商用利用問わずクレジット表記をするよう規約に書いています。

 

この場合、YouTubeの説明欄などに「どこのサイトから引っ張ってきたBGMなのか」を表記しなくてはいけません。

 

「Copyright © 2019 〇〇.jp All rights reserved.」このような感じですね。

 

  • Copyright ©は著作権表記の決まり文句。
  • 2014は曲であれば作曲された年
  • 〇〇.jpはBGMサイト名、もしくは作曲者名
  • All rights reserved.これも著作権表記の決まり文句

 

クレジット表記が使用条件にあるにもかかわらず、表記せずに音源を利用するとサイトの管理者から通報されて、動画の削除やアカウント削除の可能性もあります。

 

YouTubeのコンテンツIDを紐付けてはいけない

多くのサイトでは、そのサイトの楽曲をYouTubeで使用する際、コンテンツIDと紐付けないよう指示しています。

 

YouTubeのコンテンツIDとは、YouTube内で「この曲は僕の物ですよ」と権利を主張できる登録システムのようなものです。

 

当然BGMサイトから引っ張ってきた他者が作った曲を、コンテンツIDと紐付けるなんて普通はやらないのですが…やってしまう方がいるようです。

 

これをやってしまうと、著作権フリーサイトの音源なのに他の方がYouTubeでその曲を使えなくなるという問題が起きてしまいます。

 

自分が作った完全オリジナルの曲でない限り、コンテンツIDには紐付けてはいけません。

 

著作権フリーサイトも規約は絶対に確認しよう

規約の一例を挙げましたが、このほかにもサイトによって規約や配布しているBGMに対する扱いは様々です。

 

使いたいBGMを配布してるサイトが見つかったら、まずはサイトの規約にしっかりと目を通しましょう。

 

読まずに適当にBGMを扱って、収益化が始まってから動画が削除されてしまうと目も当てられません。

 

 

まず最初におすすめ!YouTube公式オーディオライブラリ

では、ここからはYouTubeで使える著作権フリーのサイトを色々と紹介していきます。

 

まず、とにかく面倒が起きない絶対安全な音楽を使いたい、という方はYouTubeの公式ライブラリを使用するのが一番です。

 

YouTubeオーディオライブラリ

https://www.youtube.com/audiolibrary/music?nv=1

YouTubeの公式ライブラリなので、当然YouTubeのBGMとして使用できます。また、料金も一切かかりません。

 

曲数も音楽のジャンルも豊富。大物ユーチューバーの中にも、ここのBGMを使っている方はいます。YouTubeでBGMを使用したい時は真っ先に覗いてみるといいでしょう。

 

欠点としては、曲数が多くても結局動画配信に向いた曲は限られていて、そういった曲は多くの人が使用しています。

 

優秀なBGMサイトですが、曲が人と被りやすくなるというデメリットは覚えておきましょう。

 

動画内で流れるBGMは思った以上に動画のイメージと直結します。有名なユーチューバーとBGMが被ると「パクリ」イメージを与えてしまいます。選曲は慎重に行いましょう。

 

そのほか著作権フリー音楽サイト10選

YouTube公式ライブラリを使えば一番簡単で安全ですが、他の人と被りたくない場合は外部の著作権フリーのBGMサイトを使用しましょう。

 

他のBGMサイトを利用するだけでも他の人と被る可能性はぐっと減ります。ここではYouTubeのBGMに使える著作権フリーサイトを10個紹介します。

 

なお、今回紹介するサイトの中には有料の物や、プランによっては有料になるものもありますので、注意しましょう。もちろん有料のサイトを使えば、より人と被りにくくなります。

 

Epidemic sound(エピデミックサウンド)

YouTubeに使用できるBGMサイトでも有名なのが、エピデミックサウンドです。

 

エピデミックサウンド

https://www.epidemicsound.com/campaign/creator-subscription-v4/

月額15ドル(日本円で1,500円~1,600円ほど)で、30,000を超えるトラックと60,000を超えるサウンドエフェクトを使用することができます。商用利用OKです。

 

なお、エピデミックサウンドに登録したい場合は、上記のリンクからアクセスしてください。

 

Googleで普通に「エピデミックサウンド」と検索してアクセスすると、CMや業務利用の法人向けサイトが表示されてしまいます。

 

そちらのサイトではいくら探しても個人向け月額15ドルのプランは出てきませんので、注意しましょう。

 

甘茶の音楽工房(無料)

甘茶の音楽工房は管理人が作成したBGMを、無料で使用できるBGMサイトです。

 

甘茶の音楽工房

http://amachamusic.chagasi.com/

商用利用OKで、料金は一切かかりません。個人とは思えないほど幅広いBGMがあり、イメージやジャンルから曲を探すこともできます。

 

著作権表示は強制ではないようですが、しておいたほうが良いでしょう。また、曲をアレンジした場合は表記が必須になるようです。

 

HURT RECORD(直接依頼は有料)

HURT RECORDは料金無料、著作権フリーのBGM配布サイトです。

 

HURT RECORD

https://www.hurtrecord.com/guide/

各クリエイターが作曲したオリジナル音源を商用・非商用問わず無料で使えます。曲数は約1,800曲と少なめですが、気に入ったBGMが見つかればおすすめです。

 

また有料にはなりますが、好みの音楽を作るクリエイターさんにオリジナルで曲を依頼することも可能です。

 

このサイトのBGMを商用で利用する場合は、サイト側にあらかじめメールで使用許可承諾を得る必要があります。

 

YouTubeの広告で収益を発生させる場合、商用利用になりますので、許可を必ず受けてください。

 

クレジット表記は強制されていませんが、表記しておいたほうが良いでしょう。

 

こんとどうふぇ(基本無料)

こんとどうふぇはサイトのイメージ通り、ポップで明るい、可愛い楽曲を多く扱うサイトです。

 

こんとどうふぇ

http://conte-de-fees.com/

商用利用可能ですが、YouTubeに使用する場合、こんとどうふぇのYouTubeチャンネルの登録とクレジット表記が必要です。

 

著作権を表記したくない場合は、ライセンス購入をすることでクレジット表記なしで使用できます。

 

魔王魂(基本無料・作曲依頼は有料)

魔王魂は激しい音楽を中心としたBGMが揃うサイトです。

 

魔王魂

https://maoudamashii.jokersounds.com/about.html

ロックっぽい曲をメインに、歌の入った曲も豊富に揃います。YouTubeで使用するには少しインパクトのありすぎる曲が多いですが、覚えておいて損はありません。

 

商用利用OKで使用報告不要、ほかの規約もかなり緩く、改編やある程度過激なコンテンツに対する使用もOKという太っ腹ぶりです。

 

ただし、クレジット表記に関してだけ厳しいので、ここのサイトの素材を使用する場合は必ずクレジット表記をするようにしましょう。

 

PANICPUMPKIN(基本無料・作曲依頼は有料)

PANICPUMPKINは昔懐かしい、ファミコン風のデジタル音源を集めたサイトです。

 

http://pansound.com/panicpumpkin/index.html

あの耳に残るピコピコ音は使いどころが難しいですが、インパクトは抜群なのでコミカルな動画BGMが欲しいときなどに、使ってみてはいかがでしょうか。

 

無料で商用利用可、利用報告は不要、クレジット表記はできたらでOKという非常に規約の緩いサイトです。

 

おとわび和風音楽素材&SHWフリー音楽素材(無料)

それぞれ別のサイトですが、曲数が少ない&扱っている音楽のジャンルが似ているので一緒に紹介します。

 

おとわび

SHWフリー音楽素材
http://shw.in/

おとわび和風音楽素材
https://otowabi.com/

和風や中華風、エキゾチックなBGMや楽器の音を多く扱っているサイトです。和風のBGMが欲しいときにこちらで探してみると良いでしょう。

 

どちらのサイトも無料、商用利用可能でクレジット表記も強制ではありません。

 

Music Material(無料)

Music Materialはピアノ曲を中心に公開しているサイトです。

 

Music Material

http://musicmaterial.jpn.org/

商用利用でも料金は一切かかりません。クレジット表記も任意。

 

そのほか、データを一部カットしたりピッチを変えたりといった改編も可能。歌詞を付けて曲にしてもいいという緩い規約が特徴です。

 

決して曲数が多いわけではありませんが、ピアノのBGMが欲しい場合は一度覗いてみるといいでしょう。

 

DOVA-SYNDROME(素材購入や作曲依頼は有料)

DOVA-SYNDROMEは1万曲を超える楽曲を、商用・非商用利用問わず無料で使用できるBGMサイトです。

 

DOVA-SYNDROME

https://dova-s.jp/

作曲者にオリジナル曲を作ってもらう事もできます。クレジット表記は不要のようですが、各作曲者ごとに利用条件が設けられている場合があります。

 

このサイトの素材を使用する場合は、サイト規約のほかに、作曲者個別の利用規約にも目を通しておきましょう。

 

MusMus(クレジット表記をしない場合有料)

MusMusはBGMで使いやすい曲が多く揃うサイトです。

 

MusMus

http://musmus.main.jp/

登録不要、ダウンロードフリーで、商用利用OK。BGMとして利用する限りどんなコンテンツにも使用可能です。

 

さらにはアレンジや改編もでき、かなり規約は緩い感じですが、クレジット表示は必須ですので忘れないようにしましょう。

 

余談ですが、登録者数数十万人の大物ユーチューバーの動画が削除された事件は、このMusMusの音源を使用してクレジット表記しないことが原因でした。

 

MusMusを使用する場合、クレジット表記は絶対忘れてはいけません。

 

 

まとめ

YouTubeで使用する音楽は必ずオリジナルか著作権フリーのBGMを使用しましょう。

 

特にYouTubeは著作権保護に厳しいサイトです。コンテンツIDによって比較的簡単に不正利用は見つかってしまいます。

 

著作権に守られている他人の曲を勝手に使用すると、いずれ動画の削除やアカウント解除、賠償請求といったペナルティを受ける可能性があります。

 

著作権フリーのBGMサイトは現在豊富にありますので、今回挙げた11のサイトや他のサイトを探して自分にぴったりのBGMを見つけてみてください。


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。