youtubeアフィリエイトのチャンネルリサーチ方法と3つの注意点を解説!

youtubeアフィリエイトのチャンネルリサーチ方法!

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回は、「youtubeアフィリエイトのチャンネルリサーチ方法と3つの注意点を解説!」です。

 

youTubeの人気動画をリサーチし、そのアイディアを自身の動画に活かして、再生回数を伸ばす方法について解説します。

 

リサーチもせず、独りよがりな自己満足で作った動画では、決して再生回数は伸びません。

 

再生回数を伸ばすにはユーザーは今、どんな動画に興味を持っているのか。どんな動画が伸びるのか。これをきちんとリサーチする必要があります。

 

リサーチしたら、その動画の再生回数が伸びている理由を分析・把握し、自身の動画に反映させて効率的に再生数を稼ぎましょう。

 

リサーチ方法は非常に簡単です。今回その方法や注意点について解説しますので、ぜひやってみてください。

 

チャンネルリサーチとは?

チャンネルリサーチとは、「再生回数の伸びている人気の動画をリサーチして、その人気の秘密を自身の動画に活かす」方法です。

 

自分の感性だけで動画を作っても再生回数は伸びません。

 

もちろん趣味としてYouTubeをやるなら、自分のやりたいことをやって好きなように動画をアップしたらいいと思います。

 

ですが、アフィリエイトなどの収益化目的や、ビジネスでやっているなら話は別です。きちんと「再生回数」という結果を出さなくてはいけません。

 

収益

YouTubeの基本的な収益は「再生回数=収益」ですので、きちんと市場をリサーチして再生回数の伸びる動画を作成すべきです。

 

通常のビジネスにおいても、全く需要の無い商品を時間かけて作っても無駄ですよね。

 

動画も同じです。動画を作るなら、きちんとユーザーの需要をリサーチして収益化のできる動画を作るべきです。

 

通常のビジネスで言う市場リサーチ、マーケティングです。市場は違っても、ビジネスの基本は同じです。

 

 

急上昇動画をチェックする

再生回数の伸びている動画を探す際、一番手っ取り早い方法が「急上昇動画」をチェックすることです。

 

急上昇はその名の通り、すごい勢いで再生回数が伸びている動画を集めたページです。ここを見れば今、どんな動画が注目を集めているのか把握できます。

 

急上昇
  • 音楽
  • ゲーム
  • ニュース
  • 映画
  • アニメ

 

急上昇に表示される動画のジャンルはこの5つです。この中に自分のやりたいジャンルがあれば急上昇を参考にしましょう。

 

ただし、「急上昇している動画」のジャンルは限られているため、自分の配信したいジャンルによってはこの方法が有効でない場合があります。

 

参考になりそうな動画を見つけたら何度も見返して、「なぜこの動画が伸びているのか」を考えます。

 

  • チャンネル登録者数が多いからなのか
  • 企画内容が秀逸だからなのか
  • 編集がうまいからなのか
  • トーク力なのか
  • トレンドだからなのか

 

このように色々な理由が考えられます。推測した理由が自分のまねできそうなものであれば、参考にして自分の動画に落とし込みましょう。

 

 

キーワードリサーチ

もう一つの方法がキーワードリサーチです。自分のやりたいジャンル、興味のあるジャンルに関連するキーワードで検索をかけ、その中でヒットしている動画を参考にする方法です。

 

例えばこれから自分がせどり関連の動画を作っていきたいと考えた場合、まずは「せどり」と入力して動画を検索してみましょう。

 

キーワードリサーチ

せどり動画がたくさん出てきます。それぞれの再生回数を見てみると、数百回の動画から30万回超えの動画など様々です。

 

この中から数万~数十万以上再生されている動画を見ていき、伸びている要因を分析します。

 

例えばさっきの動画の中で、30万回以上再生されている「年収100万円アップさせる方法」ならネタの方向性は真似できそうです。

 

そのまま真似するのではなく、例えば月収ベースに落として「月収を10万円アップさせる方法」みたいな感じにしてみるとよさそうです。

 

なお、人気動画をリサーチして分析するときは以下の点を意識して見てください。

 

  • どんなジャンルやネタがヒットするのか
  • 収益化できている(いそうな)チャンネル全体の傾向
  • 開設された日時(どれだけ長くやっているのか)
  • 配信者の登録者数
  • 配信者のアップロード頻度
  • 自分で作成する場合、編集を全部もしくは一部外注可能かどうか

 

特に、チャンネル登録者数には注意が必要です。すでに数十万人もの登録者がいる配信者を参考にして動画を作っても、同じような再生回数にならない可能性があります。

 

できる限り自分の登録者数に近い配信者の方が参考になります。

 

チャンネルリサーチの3つの注意点

人気の動画をリサーチする際、注意すべき点がいくつかあります。

 

チェックポイント
  • 1,完全にパクらない
  • 2,オリジナルではない画像や音楽を使わないこと
  • 3,ガイドラインに違反した動画を参考にしない

 

他にもいくつかありますが、特に初心者がやってしまがちな注意点はこの3点です。理由を個別に詳しく解説していきます。

 

1,完全にパクらない

いくら人気の動画と言っても、企画構成やネタの内容をそのまま完全にコピー、つまりパクることはNGです。

 

アカウント削除の可能性もありますし、パクリに気づいたユーザーによって炎上させられる可能性だってあります。

 

オリジナルコンテンツを生み出す能力も鍛えられません。メリットは何一つありませんので、パクりは絶対にやってはいけません。

 

2、オリジナルではない画像や音楽を使わないこと

人気動画には分かりやすい画像や、雰囲気を出すBGMが使われていることが多いです。

 

画像や動画をそのまま参考にしたい、と考えている方もいるかもしれませんが、他の人が使っている画像やBGMをそのままパクって使用するのはやめましょう。

 

オリジナリティという観点からも問題がありますし、それ以上に著作権に抵触する可能性があります。

 

著作権とは、音楽や画像などを作成した人の許可なく使用してはいけない、という法律です。違反すると、アカウント削除はもちろん、損害賠償を請求される可能性もあります。

 

自身の動画で使用するBGMはオリジナルか、許可を受けたもの、もしくは著作権フリーの物を使用しなくてはいけません。

 

人気動画の画像やBGMを参考にする場合は、オリジナルで作成するか、著作権フリーのサイトから似たようなものを探してくるといいでしょう。

 

3,ガイドラインに違反した動画を参考にしない

人気動画だからと言って、全てが参考になるとは限りません。

 

中には炎上して再生回数が伸びているものもありますし、配信者本人も気づかないうちにガイドラインに違反した動画をアップされている場合があります。

 

例えば、法律に違反しているにもかかわらず動画削除されていないだけの動画とか、勝手に有名アーティストの音楽を使っている著作権を侵害した動画とか。

 

そんな動画を参考にしてしまうと、自分まで炎上したりガイドライン違反になってしまいますよね。

 

こういったガイドラインに違反している動画は、いくら再生回数が伸びているからと言って参考にしてはいけません。

 

まとめ

YouTubeで収益化やビジネスを行う場合、何をおいても再生回数を伸ばさないと意味がありません。

 

そのためには自分の作りたい動画ではなく、人気の動画のヒット要因を反映させた動画を作って再生回数を稼ぎましょう。

 

急上昇や、キーワード検索でヒットしている動画を探して何度も見るだけでも、なんとなく流行りの動画や興味を持たれやすい動画はわかってくると思います。

 

動画を作成する前には必ず人気動画をチェックしましょう。


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。