youtubeの漫画動画を作成して稼ぐ方法!外注の方法や費用等も解説!

youtubeの漫画動画を作成して稼ぐ方法!外注の方法や費用等も解説!

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回は、「youtubeの漫画動画を作成して稼ぐ方法!外注の方法や費用等も解説!」です。

 

漫画動画は人気が急上昇しているジャンルで、今後さらに大きなジャンルに成長する可能性があります。顔出しなしで、副業にも最適。

 

近年人気が急上昇したため、現在この漫画ジャンルに参入する人は増えていますが、多くの人はマンガを描くスキルが無いため、参入ハードルはやや高め。

 

ですが、挫折する人が多いということはライバルが増えにくいとも言えます。

 

自分で描ければ一番ですが、描けないなら、外注化すればOKです。漫画を描ける人や動画編集できる人に作業をお願いすれば問題ありません。

 

今回漫画動画作成のポイントと、外注化のコツについて解説しますので、YouTubeアフィリエイトのジャンル探しに困っている方は参考にしてください。

 

YouTube漫画動画とは?

YouTubeの漫画動画とはその名の通り、映像ではなく漫画とナレーションだけで動画を作るジャンルです。

 

漫画

YouTube内でこういう漫画ジャンルは最近特に増えました。

 

顔出しもいらないですし、自分で漫画や編集、ナレーションまで担当できれば費用も掛かりません。ある程度のスキルがあればリスクはかなり低いジャンルと言えます。

 

YouTubeの漫画といってもアニメーションではなく(アニメを作っているガチな人もいますが…)縦割りの1~3コマの漫画を次々流していく「紙芝居」のような感じです。

 

現在増え続けているということは、今後YouTubeの主力ジャンルにまで成長する可能性が高いという事です。

 

ライバルがまだ少ない今のうちから参入すれば、このジャンルのトップユーチューバーになれる可能性もありますね。

 

 

漫画動画作成の条件

YouTube漫画動画の作り方にはセオリーがあります。もちろん自分の好きなように作ってもいいのですが、それでは再生回数を伸ばすことは難しいです。

 

まずは今再生回数を稼いでいる人気の漫画動画の条件やセオリーを理解し、その通りに作ってみましょう。

 

ここをきちんと理解しておかないと、外注するときもうまく伝えられず経費を無駄にしてしまいます。

 

YouTube漫画作成の工程は以下の4つ。

 

イラストレーター
  1. シナリオ(ライター)
  2. 作画(イラストレーター)
  3. ナレーション(声優・ナレーター)
  4. 動画編集

 

まず、シナリオですが2,000文字程度で書きましょう。これでだいたい5分程度の動画が作成できます。

 

ネタ集のような動画は5分を超えると離脱率が高くなります。どんないい話とか共感を得る話でも、10分も20分も見せられたらお腹いっぱいというか辛くなってきますよね。

 

5分ほどの短い動画をたくさん作る方が再生回数を取りやすいです。シナリオの内容は「あるある系」「感動系」が人気です。

 

次に作画ですが、YouTubeに載せる漫画は1920×1080ピクセルか1280×720ピクセルが基本サイズです。イラストレーターさんに依頼するときもこのサイズを伝えましょう。

 

作画は特に経費の掛かりやすい所なので、自分で描ける人は自分で描きましょう。経費を大きく抑えることができます。

 

使うソフトは「Krita」などのフリーソフトで十分です。YouTube動画ではプロレベルの繊細で緻密な絵は求められていません。

 

KRITA

Homepage-Japan

 

どちらかと言うと親しみを感じる絵の方が受けます。そういう意味では絵に自信がない人でも自分で描くのはありですね。

 

ナレーションは自分がやっても、外注でもOK。ただし、最低限の条件はクリアしておきましょう。

 

  • 「はっきり話せる」
  • 「声がこもらない」
  • 「どもらない」
  • 「癖の強い訛りが無い」

 

聞いている相手に強い違和感を与え、ストレスをかけるような声はNGです。勿論それを逆手に取る戦略もあるかもしれませんが…

 

動画編集する場合はフリーソフトで十分です。高価なソフトを使用する必要はありません。

 

OLIVE

 

無料の動画ソフトはこのOliveをはじめ、色々あるので気に入ったものを使いましょう。繰り返しになりますが、漫画編集に高機能は必要ないので、ぶっちゃけなんでも構いません。

 

もちろん作画にしても動画編集にしても有料の方が効率は良いので、慣れてきて作成スピードを上げたくなったら有料ソフトも検討しましょう。

 

 

漫画作成を外注する方法

動画に限らず、コンテンツ作成で一番いいのは全て自分で行う事です。YouTube動画で言えば自分でシナリオ作って作画して声を入れて編集する。

 

そうすれば時間はかかりますが、経費は一切かかりません。動画作成に紙やインクはかかりませんので、うまくいけば経費0円で収益を発生させられる可能性があります。

 

ただ、もともとシナリオや作画のスキルを持っていない方が一から作る場合、技術の習得や作成に膨大な時間がかかりますし、何よりクオリティが不安ですね。

 

そういう場合は不得意な作業を、プロや経験者に外注しましょう。

 

先ほども書きましたが、漫画制作に必要な手順は大きく分けて以下の4つ。

 

  1. シナリオ(ライター)
  2. 作画(イラストレーターor漫画家)
  3. ナレーション(声優・ナレーター)
  4. 動画編集

 

もちろんこの作業全部を丸投げせず、編集は自分でやるとか、シナリオは自分で考えるとかできる所は自分でやってみると良いです。

 

4つの作業全てを外注に依頼すると、場合によっては1つの動画で数万円もの経費がかかりますので、資金がある方向けの方法です。(特に作画)

 

1,シナリオ外注(ライター)

シナリオは動画のネタや構成です。下記の5つを順番に作っていきます。

 

  • 題材
  • ストーリー
  • キャラクター(登場人物)
  • 場面
  • セリフ

 

作画や編集と違い、技術ではなくアイディア勝負なところがあるので、できれば自分でやりたいところですが、質の高いものを作るならやはりプロにお願いしましょう。

 

こういったシナリオはライターさんの仕事ですので、ライターさんが多く集まるサイトで外注できます。

 

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • シュフティ
  • サグーライティングワークス
  • ココナラ

 

このあたりだとライターさんが多く集まります。自分の書いて欲しいネタによって募集するサイトを変えてみるのもいいでしょう。

 

主婦に受けそうなネタなら主婦ライターが多く集まるシュフティで募集するとか、小ネタがたくさん欲しいならランサーズのタスクで安く大量に集めることもできます。

 

ランサーズ

 

相場は大体1文字0.5円~3円と幅広いです。当然金額を高くすればするほど優秀なライターさんも集まりやすくなります。(優秀な人ばかりとは限らない点に注意)

 

個人的には、1文字1円前後で募集すると質の高いライターさんも混じってくるかな、といった印象です。1円なら2000文字のシナリオで2000円ですね。

 

もし、良いシナリオを出してくれるライターさんが見つかったら、定期契約をお願いしてみましょう。今後の漫画の質も安定します。

 

2,漫画制作(イラストレーターor漫画家)

先ほどライターさんに発注したシナリオを、イラストレーターor漫画家さんに漫画として起こしてもらいます。

 

漫画家さんの方が、絵だけではなく、コマ割りや背景等も書ける方が多いので、出来れば漫画家さんにお願いすると良いです。

 

ですが、その分費用が高いので、資金に合わせてイラストレーターさんか漫画家さんを選ぶと良いです。

 

こちらもライターさん同様ランサーズやココナラ、クラウドワークスあたりで発注すると良いでしょう。

 

相場ですが、2,000文字のシナリオを作画にすると15枚~30枚。これをカラーで漫画にするとクラウドソーシングの相場的には10,000円~40,000円。

 

ただし、この相場は低めの金額です。人によっては失礼に当たる金額ですので、「誰に頼むか」で金額を調整してください。

 

イラストレーターになりたての方なら、実績作り優先で、10,000円でも受けてもらえる可能性はあります。それこそ初めての受注で評価もなく、とにかく金額より実績が欲しい、という方です。そういう方に依頼するのもいいと思います。

 

というのも、YouTubeの漫画は繊細なイラストは必要なく、どちらかと言うと「親しみのある絵」の方が好まれます。

 

そのため、上手・下手ではなく「味のある」駆け出しのイラストレーターさんに依頼してもいいと思います。

 

作画は相場の幅が広く、迷うこともあると思います。一応参考までに、そこそこ慣れている方がそれなりのレベルで作画した場合、15枚の作画に10時間くらいかかります。

 

つまりほぼ1日がかり+αくらい作業時間がかかります。このあたりを基準に発注金額を調整してください。

 

3,ナレーション(ナレーター・声優)

動画のシナリオやセリフを読み上げてもらう、いわゆる声優さんです。

 

マイク

クラウドソーシングでナレーション受注している方のページに行くと、大体サンプルボイスがあるのでそれを聞きながら、自分の漫画のネタに合った声の持ち主を探しましょう。

 

相場は2000文字読み上げで、大体3,000円~6,000円ほど。こちらはよほど有名な方でない限り、費用と品質は比例しません。

 

「普通に読み上げることができる」「自分が気に入った声である」この2つの条件を満たしていれば初心者ナレーターでもOKです。

 

もちろんプロの方が感情の込め方とか、うまい方が多いです。

 

動画編集

動画編集は重要な要素ですが、漫画の編集に求められるスキルは決して高くありません。そのため、最低限のスキルさえあれば初心者でもOKです。

 

もちろん経験者に依頼したほうがスムーズですが、経験者に依頼するととんでもない出費になってしまいます。「初心者」もしくは「そこそこ」の人に依頼すれば十分です。

 

相場ですが、初心者の方に5分前後の動画編集を依頼すると、大体3,000円位から発注可能です。

 

経験者やプロに依頼すれば数万円かかりますが、そこまでの人に頼むほど高度な編集技術は必要ありません。

 

重要なのはとにかく「シナリオ」と「作画」です。ナレーションと動画編集は必要最低限のスキルを満たしていればOKです。

 

そのため、経費の割合はできる限りシナリオと作画(特に作画)に割り振って、いい外注さんを見つけるようにしましょう。

 

 

まとめ

漫画動画ジャンルは、人気が急上昇しているジャンルで、今参入すれば今後も継続的に広告収入が見込める資産チャンネルを作れます。

 

自分で描けないという方もシナリオや作画、ナレーションに動画編集など全て外注可能。顔出しもいらないので副業にも本業にもおすすめのジャンルですので、ぜひ挑戦してみてください。


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。