youtubeの関連動画対策の基礎知識と5つのテクニック!

youtubeの関連動画対策

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回は、「youtubeの関連動画対策の基礎知識と5つのテクニック!」です。

 

関連動画対策とは、YouTube内における自分の動画の露出度を高める方法です。正しい対策を行う事で投稿している動画の、再生数を上げる事ができます。

 

ただし、間違ったやり方をしてしまうとスパム扱いされ、動画削除やアカウント凍結などのペナルティを受けてしまいます。

 

チャンネルがある程度の規模になると、SNSの宣伝効果以上に、この関連動画からの流入が高くなってきますので、早いうちから正しいやり方を覚えて実践しておきましょう。

 

YouTube関連動画対策とは?

YouTube関連動画対策とは、「関連動画」に自分の動画を表示させるための対策です。

 

関連動画

YouTubeを見ていると、右側に今見ている動画と、関連性の高い動画が出てきますよね?これが関連動画です。

 

主に動物系を見ていると動物系、ネタ系を見ているとネタ系の関連動画が現れます。

 

これはYouTubeがユーザーに次々と動画を見てもらうために表示しています。そのため、見ている動画と強い関連性のある動画が表示されるようになっています。

 

  1. 動画の配信者のその他の動画
  2. ユーザーがよく見る動画と関連性の強い動画
  3. 今見ている動画と関連性の強い動画

 

主にこのような動画が表示されます。このうちの「1」と「3」、今見ている動画と関連性が強い動画として表示させるために関連動画対策を行います。

 

もし、人気動画の関連動画に載ることができたら、そこから多くのユーザーが自分の動画に流れてきてくれるはずですよね。

 

そのほか、自分の動画の関連動画を、できる限り自分の動画で埋めるといった効果もあります。

 

それによって「人気動画から自分の動画」や「自分の動画から自分の動画」といったように、ユーザーを自分の動画に誘導しやすくなります。

 

YouTubeでは、チャンネルがある程度の規模まで育ってくると、この関連動画からの流入が増えてきます。

 

大きなチャンネルになると動画の再生回数の半数以上が、この関連動画からと言われています。つまり関連動画対策は、大きな収益を上げるためには必須のテクニックです。

 

関連動画アルゴリズムの基本的な考え方

関連動画への表示優先度を上げるためには、YouTubeのアルゴリズムを理解しなくてはいけません。

アルゴリズム

要は「YouTubeはどういった考え・条件で関連動画を決定しているのか」という事です。ここを理解すると正しい対策を行うことができるようになります。

 

YouTubeの目的は「多くのユーザーにできる限り長く動画を見て欲しい」です。ユーザーが見たい動画を見終わった後も、できれば違う動画に誘導して長くYouTube内にとどまってほしいのです。

 

そのためにユーザーに対して「あなたが好きそうなこんな動画もあるけどどうですか?」と誘導するための機能が関連動画です。

 

なので、関連動画対策もこのYouTubeの考えに沿った内容で対策します。「ユーザーの利便性」を考えて対策を行いましょう。

 

関連動画対策は一歩間違えるとスパム認定される可能性も

関連動画対策で一番気を付けなくてはいけないのが「スパム」です。

 

スパム

スパムとは「迷惑行為」のことで、ユーザーの利便性を損なう悪質な行為です。例えば、以下のような行為があります。

 

  • 検索されやすく、もしくは関連動画に載りやすくするため動画と関係のない説明を書く
  • 人気配信者の名前とかURLを自分の動画説明に入れる
  • 動画内容と関係ないタイトルやサムネイルを使う

 

例えばこれを配信者全員がやってしまうと、サッカーが見たいユーザーが「サッカー」と検索しても動物から美容系からネタ系から色々な動画が出てきてしまいます。

 

検索の意味がないですし、そんな不便なサイト誰も見ませんよね。なので、YouTubeとしては絶対に看過できない行為です。

 

そのため、スパム行為を行うと規約違反で動画やチャンネルが削除される可能性があります。

 

関連動画対策はあくまで「やるべき対策をきちんとやる」ことであり、「やってはいけないことをやる」スパム行為とは全く違うものです。

 

 

5つの関連動画対策方法

では実際に関連動画対策の基本的なテクニックを見ていきましょう。

 

  1. タイトル
  2. 動画説明
  3. タグ
  4. 再生リスト
  5. サムネイル

 

関連動画に載るための基本的なテクニックはこの5つです。

 

1,タイトル

タイトルが似ていると関連動画に表示される可能性が少し高くなります。自分のチャンネルのジャンル内で人気の動画タイトルを参考に「少し」寄せてタイトルを考えましょう。

 

もちろん丸パクリは厳禁です。ペナルティはもちろん、炎上の原因にもなります。あくまでも人気動画の中にあるキーワードを抜き出して反映させる程度で構いません。

 

無理に似せようとして、変な日本語になったり、動画内容と関係ないタイトルになるのもアウトです。あくまでキーワードを意識する程度でOKです。

 

2,動画説明欄の記載

面倒くさがって書かない人が多いこの商品説明欄ですが、ものすごくもったいないです。ここをきちんと記載することで、検索率も関連動画の表示確率もぐんと上がります。

 

商品説明

動画の内容を丁寧に説明しましょう。ただしあまり長すぎてもNGなので5~6行あれば十分。他は自分の他の動画やブログ、LINEへのリンクがあれば貼りましょう。

 

昔はこの動画説明欄の中に、他の人気配信者の動画URLを貼る方法が流行りましたが、今はスパム認定されるのでNGです。

 

ただし、自分の他の動画のURLを貼るのは問題ありません。関連動画に自分の動画が表示されやすくなるので、やっておきましょう。

 

3,タグ

関連付けとして最も効果的な方法の一つがこのタグです。

 

タグ

タグそのものが強力なキーワードになっており、同じタグ同士の動画は関連動画に載りやすいという特徴があります。

 

ただし、あまり多くのタグをつけるとスパム扱いされますし、タグが他の人気動画と丸被りするのも良くありません。

 

人気動画と同じタグを1~2個拝借し、3個は自分のチャンネル名や動画の特徴を入れるぐらいにしておきましょう。

 

当然ですが、動画に関係のないタグをつけるのはNGです。

 

4,再生リスト

再生リストとは自分で作れる動画のまとめみたいなものです。音楽アプリのプレイリストのようなものと考えてください。

 

この再生リスト、好きな動画を自由にまとめ、自分のチャンネルページなどに表示させることができます。

 

再生リスト

この再生リスト本来の使い方は、自分の動画を複数まとめてシリーズ化するためなどに使われます。

 

ですが、実は自分の配信している動画以外も入れることができます。するとその動画と自分の動画の関連性が高まり、お互いの関連動画に表示されやすくなるという仕組みです。

 

ただし、こちらもタグ同様、関係のないジャンルの動画やあまり多くの他の動画を入れると危険です。自分の動画に関係する動画を入れておく、くらいにしておきましょう。

 

5,サムネイル

サムネイルとはいわゆる「表紙」の事で、お店でいえば、「看板」のような役割です。

 

サムネイル

このサムネイル自体はあまり関連動画とは関係ないのですが、クリック率に関係してきます。

 

いくら関連動画に上がっても、サムネイルを見たユーザーが「面白そう」とクリックしてくれなくては意味がないですよね。

 

関連動画に表示される動画は1つではありません。いくつも表示される関連動画の中から、自分の動画をクリックしてもらって初めて誘導成功です。

 

そのために、特徴的なサムネイルは必須です。興味を引くサムネイルの作り方には色々ありますが、以下の特徴を参考にしてみてください。

 

  • インパクトのある画像を使う
  • 顔を出す
  • 文字を入れる
  • 色を強くする

 

見た人が思わず興味を持ってクリックしてしまいそうになる、インパクトのある画像を使ってください。出来れば顔を出すと効果的です。

 

トップユーチューバーのほとんどは自分の顔を出し、効果的なキャッチコピーやカラーを使っていると思います。この辺は有名ユーチューバーを参考に色々試してみましょう。

 

いずれにしてもオリジナルのサムネイル画像を使い、編集することが必須です。

 

 

まとめ

関連動画対策は再生回数を稼ぐために必要なテクニックです。

 

きちんと対策を行っておくことで、ユーザーを自分の別の動画に誘導したり、他の人気配信者から多くのユーザーが流れてくる可能性が高くなります。

 

ただし、関連動画対策は一歩間違えるとスパム認定される可能性もあるので、正しいやり方を理解し、正しい対策を行いましょう。


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。