youtubeのASMRとは?人気のジャンルや動画の作り方を解説!

youtubeのARMR

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回は、「youtubeのASMRとは?人気のジャンルや動画の作り方を解説!」です。

 

このASMRを初めて聞いた、という方もいると思いますが、ASMRを一言で表すなら「音フェチ動画」になります。

 

代表的なASMR動画と言えば、咀嚼音。苦手な人も多いですが、その反面、たまらなく好き、という方もいます。

 

有名なアイドルや女優がこのASMRにハマっている、とテレビで話しているのを最近よく耳にします。

 

目で見て楽しむジャンルではなく、視点を変えて「耳」でユーザーを楽しませる動画ジャンルがASMRです。

 

YouTubeのASMRとは?

ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response」の略で、日本語に直訳すると「自律感覚絶頂反応」だそうです。

 

英語は長いし、自律感覚絶頂反応もなんか言いにくいので、この記事ではASMRで統一します。(笑)

 

このASMR、要は聴覚から入ってきた音で、人が快感を得る反応のことを指すんだそうです。聞いてて心地よいとか、楽しいとか、ぞくぞくするといった感覚ですね。

 

皆さんにも特定の音が好き、という感覚はあると思います。

 

音
  • パソコンのタイピング音
  • 咀嚼音
  • 破壊音
  • ささやき声
  • 小鳥のさえずり

 

心地よいと感じる「音」は一人一人違います。音楽もそうですが、音というのは特に個人の趣味というか、好き嫌いがはっきり分かれるジャンルです。

 

人の咀嚼音なんて気持ち悪い、という方もいます。半面、咀嚼音を聞かないと落ち着いて眠れない、という中毒のようになっている熱狂的なファンもいます。

 

こういった音の嗜好に訴えかけるマニアックな動画ジャンルがASMRです。

 

ASMR動画ジャンルの一例

一応ASMRについて説明しましたが、まだちょっとよく分からない、という方もいると思いますので、実際にいくつか代表的なASMR動画を紹介しますね!

 

咀嚼音

ASMRと言えば咀嚼音、というくらい代表的なジャンルです。クチャクチャ、というよりは何か独特の感触の食材を噛んだ時の音に人気があります。

 

咀嚼音

例えば、野菜を噛んだ時の「シャキッ」とか「バリバリッ」という音ですね。他にもクリスピーやせんべいの「パリパリ」という音が好きな人もいます。

 

こうした、単なる食事音でも集音マイクなどで録ると、意外と面白い音がします。ASMR好きの方にとってそれがたまらないのだそうです。

 

この咀嚼音、フェチ要素が強いため、主に若い女性やイケメンが食材をかじる動画が人気です。そういう意味では少し参入ハードルが高いですね。

 

焚火音

癒しのASMRと言えば自然の音です。

 

焚火音

これはひたすら焚火の「パチパチ」という音を聞かせる動画です。焚火のパチパチ音には人をリラックスさせる効果があるらしく、作業用BGMとしても人気です。

 

こうした自然系の音は、好き嫌いの分かれるASMRの中では比較的多くの人に好まれます。焚火以外にも多くの人が好む音があるかもしれません。色々探してみましょう。

 

破壊音・斬撃音

普段の生活ではあまり聞くことのない音を聞けるのもASMRの特徴です。例えば「何かを壊す音」「何かを包丁で切る音」こういったものも人気です。

 

斬撃音

こちらは凍らせたアロエを包丁で切る動画です。凍ったアロエの繊維は切ると「シャリシャリ」という独特の音がするため、聞いていて心地が良いです。

 

他にもキネティックサンドを切ったり、美容師がお客さんの髪を「シャキッ」と切る動画などがあります。

 

 

ASMR動画のメリット

ASMR動画には多くのメリットがあります。

 

意外と人気で繰り返し再生されやすいジャンル

ASMR動画、フェチ動画ということで非常に限られたマニアックなジャンルだと思うかもしれませんが…実はかなり人気があるんです。特に海外では一大ジャンルとして定着しています。

 

好き嫌いというか、好みの感覚の違いはあるものの、人間には「音で快感を感じる」という機能が備わっています。

 

人間の本能に訴えかけるジャンルです。そのため人によっては習慣化してしまう人もいるほど。飽きられやすいネタ系などと違って1人のユーザーが何回も再生する可能性も高いです。

 

無限にオリジナルネタが収拾できる

ASMRはネタ探しも比較的容易です。というのも、普段身の回りは音で溢れています。この無数の音を集めるだけでいいのです。

 

普段から収音マイクや録音機器を持ち歩き、とりあえず何かしたらその音を録ってみる。何でもない生活音でも、マイクを通すと意外に面白い音がするものです。

 

ASMRは個人の嗜好に大きく左右されます。自分では良いと思わなくても、とりあえずアップしておけば誰かの琴線に触れるかもしれません。

 

海外のユーザーも取り込める

ASMR動画の良いところは説明が不要な点です。基本言葉が通じなくても問題ないため、日本のユーザーだけではなく、海外のユーザーにも見てもらえる可能性があります。

 

ASMR eating

その音がその人に刺さるか刺さらないかだけですので、国籍も言葉も関係ありません。

 

海外ではASMRは人気ジャンルですし、ひょっとしたら世界中の人が再生してくれるかもしれません。

 

ただし、海外のユーザーの検索に引っかかるためには、ハッシュタグや動画説明を少し工夫する必要があります。

 

ハッシュタグに「ASMR」と入れておいたり、短文でもいいのでキーワードに英語の動画説明を少し混ぜておくといいでしょう。

 

ASMR動画の作り方

では実際にASMR動画にチャレンジしてみましょう。最低限必要なのは「ネタ」と「録音機材」のみです。

 

ネタにもよりますが、顔出しは必須ではありません。また、ボイス系(囁き声など)ならずっとサムネイル画像のままでもOKです。

 

ネタを考える

先述したように、ASMR動画はネタに尽きることはありません。なんでもとりあえず録音する癖をつけましょう。後で聞き返すと意外と癖になりそうな音が録れていることがあります。

 

ただ、それだけだとさすがにありきたりなので、もう少し工夫してみましょう。他の人がやらないようなアクションをして、その音を録るのもいいですね。

 

生パスタをかじる

例えばこのようにパスタを生でかじるとか。パスタを咀嚼する動画は定番ですが、生でかじる人はあまりいませんよね。(笑)

 

ポリポリと独特な音がするので、意外と癖になる人がいるかもしれません。

 

この動画はちょっとビジュアルに問題があるのか、再生回数は伸びませんでしたが、画面を写さないとか、女性がやると伸びそうな気がします。

 

定番系でもアプローチ方法によっては伸びる可能性があります。ビジュアルや表現方法に自信が無ければ他の人がやらない音を見つける。ASMRは「音×表現方法」で無限にネタが見つかります。

 

ネタに合わせた録音機材を用意する

ASMR動画で必要な機材は音を拾う機材、レコーダーやマイクのみです。ただ一口にマイクと言ってもその性能や価格はピンキリです。

 

マイク

最初から高価なマイクを買うと後悔するかもしれませんので、最初は安いもの、身の回りにあるもので録音してみましょう。

 

ただし、チャレンジしたいジャンルによっては、後述するバイノーラルマイクのような高価なマイクが必要になる場合もあります。自分の録りたい音に合わせて機材を購入しましょう。

 

まずはお手軽にスマホでチャレンジ

ASMR系が自分に合っているかどうかを確認するためにまずは投資ゼロ、自分の持っているスマホでやってみましょう。

 

スマホにも録音機能が付いていますし、なければアプリを落とせば搭載できます。

 

スマホ

最近のスマホはカメラはもちろん、マイクも高性能なものが多いのでちょっとした音であればこれでも十分です。

 

ただ、やはりちょっと雑音というか、機械音っぽく聞こえるというか…限りなくクリアな音には期待できません。

 

ある程度軌道に乗ってきたら、マイクに設備投資して専用のものを購入しましょう。

 

少し設備投資してボイスレコーダーで収録

スマホでも十分だったりするんですが、大きくて使い勝手が悪いとか、着信が来て邪魔とか色々不都合が出てきます。そんなストレスを感じたらボイスレコーダーを購入しましょう。

 

会議とかで人の話し声を録音するアレです。よほど特殊な音を録音したいとかでない限り、ネタやセリフ系の録音ならこれがあれば十分です。

 

価格的には2,000円~1万円を超える物まで結構幅広いですが、5,000円の物で十分です。

 

5,000円とか1万円を超えるボイスレコーダーを買うなら、後述する本格的なバイノーラルマイクを購入したほうが良いからです。

 

本格的なバイノーラルマイクで特殊な音を収録

ASMRが性に合っている、もしくはある程度ファンがついてきたと感じたら、バイノーラルマイクを導入して音質を向上させましょう。

 

バイノーラルマイクとは、「音を立体的に録音する」ことができるマイクの事です。

 

バイノーラルマイク

ASMR動画を見ていると、よく配信者がこのようなマイクを使っていますね。

 

イヤホンみたいのがバイノーラルマイクで、耳のついたヘッドフォンのようなものはバイノーラルマイク専用マイクスタンドです。

 

このバイノーラルマイクを使って録音すると、通常の録音のように「音」を平面的に録るのではなく、「その場の音をそのまま聞こえているように録れる」んです。難しいですよね。(笑)

 

このマイクで録音した音を視聴ユーザーが聞くと、まるでその場に実際にいるかのように聞こえます。音もクリアに録れますので、高品質な音の録音には欠かせません。

 

ちなみにGoogleで「バイノーラルとは」で検索すると難しい記事ばかりで多分頭がパンクします。なので、「ものすごく臨場感のある音で録れる」くらいで覚えておきましょう。

 

バイノーラルマイク Amazon

このバイノーラルマイク、価格は1万円くらいの物から数十万円以上するものもあります。

 

一流のトップASMR配信者も3万円程度のバイノーラルマイクを使用しているようなので、2~3万円くらいのものを狙えば十分だと思います。

 

 

ASMRのリスク

最後にASMRのリスクについて解説します。

 

ルール

ASMRも他のジャンル同様、きちんとYouTubeのガイドラインを遵守した動画投稿を行わないといけません。

 

ただ、ASMRは「耳から快感を取り入れる」「フェチ系」というジャンルの性質上、どうしても投稿者の多くが再生回数の伸びやすいアダルトコンテンツっぽい投稿を行う傾向にあります。

 

そのため、ASMR系は他のジャンルに比べて動画やチャンネル削除される傾向が高いです。

 

また、少しでもアダルト寄りの動画だと判断されると、広告もつかなくなる可能性があります。

 

収益化を狙うのであれば、ちょっとでも危ないと思うようなASMRは配信しないようにしてください。特にボイス系とか咀嚼系のジャンルは配信内容に十分気を付けたほうが良いでしょう。

 

もちろん食材を切るとか、そういう健全なものを配信していれば大丈夫です。

 

基準というか、考え方としては「小学校低学年に見せてもOKな内容か」という基準で動画を作成すればOKです。

 

 

まとめ

ASMRは人間の「耳」に訴えかける音フェチ向け動画です。生活の中にある、あらゆる音を録音して配信するだけというハードルの低いジャンルです。

 

基本的にはマニアックなジャンルですが、ひょっとしたら多くの人に刺さって繰り返し再生され続けるかもしれません。

 

ただし、ASMR系は一歩間違えるとYouTubeからアダルトコンテンツ扱いされることもあります。配信内容には十分配慮しておきましょう。


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。