youtube動画編集の外注方法!募集方法や相場についても解説!

youtubeの動画編集の外注方法

どうも、ぱっちゃんです。

 

今回は、「youtube動画編集の外注方法!募集方法や相場についても解説!」です。

 

YouTubeにアップする動画の、編集作業を外注する方法について解説します。

 

YouTubeの動画配信で一番手間と時間のかかる作業、それが編集です。スキルのない人はものすごく時間がかかります。定期的に動画をアップする際の一番のハードルです。

 

そんな動画編集ですが、ある程度収益が上がるようになってきたら、外注してしまいましょう。編集が得意な方に依頼して、自分は動画作りに専念したほうが効率的です。

 

YouTube動画の編集を外注依頼する

動画はただ撮って即アップ、というわけにはいきません。見やすいようテロップを入れたり、効果音を入れたりといった編集作業が必要になります。

 

編集作業

この編集作業、苦手な人も多いうえに単純に時間もかかります。

 

ある程度人気配信者になると、「毎日〇時に配信」といったように定期的にテンポよく動画をアップしなくてはいけませんが、編集作業に時間がかかると、それができない事も多いです。

 

だったら編集作業は他の人にやってもらって、自分はネタ作りや動画撮影に集中すれば動画のアップ頻度を上げて収益性を高めることができますよね。

 

ただ、編集できる人を探したり、その中でも良い編集者と出会うまでには時間がかかります。YouTubeで動画を上げ始めたら編集の外注スタッフ探しは常に頭に入れておきましょう。

 

コミュニケーションツールと納品形式については考えておく

まず、編集スタッフを探す前に、「コミュニケーションツール」と「納品形式」について考えておきましょう。

 

コミュニケーションツールは編集スタッフとスムーズなやり取りをするのに必要です。特に最初のうちは細かいやり取りや指示、相談事などが発生します。

 

この連絡のやり取りをメールやクラウドソーシングサイト上でやり取りすると非効率です。レスポンス良くコミュニケーションが取れるツールを準備しておきましょう。

 

  • Chat work(チャットワーク)
  • Slack(スラック)
  • Skype(スカイプ)
  • LINE(ライン)
  • ZOOM(ズーム)

 

このあたりがよく使用されています。(下記の画像はチャットワーク)

 

チャットワーク

チャットワーク

 

無難なのは利用者の多いLINEで、使ってない人でも比較的導入しやすいのがチャットワークではないでしょうか。顔を合わせて会議したいならZOOMも便利です。

 

次に、納品形式ですが、これは「動画の書き出し」です。どの形式で納品してもらいたいのか確認しておきましょう。こちらが編集できる形式で納品してもらわないと色々と不便です。

 

このあたりに詳しくない、またはよく分からないという方はとりあえず「mp4形式で」と指示しておけば問題ありません。

 

3つの外注方法

では動画編集ができる人を募集する方法3つについて解説します。それぞれメリットデメリットがありますので、どれを使うのかよく検討しましょう。

 

1,YouTube上で募集する

自分が配信しているYouTube上で編集作業ができる人を探すという荒業です。若干特殊な募集方法ですが、実際やっているユーチューバーもたくさんいますし、メリットもあります。

 

YouTube 編集者募集

 

YouTube内募集のメリット

  • 自分の動画の空気感をわかっている人が見つかる
  • ファン相手なので高い関係性が作れる

 

一番のメリットは「自分の動画・キャラの良き理解者」が見つかる可能性が高いことです。

 

いつも自分の動画を見てくれているファンが編集者なら、細かい指示を出さなくても雰囲気や編集の仕方をわかっている人が多いでしょう。

 

最初からある程度親近感というか、信頼関係もできているのでお互い仕事がやりやすいという面もあります。(逆にやりにくくなる可能性もありますが…)

 

YouTube内募集のデメリット

  • ファン(登録者)がある程度いないと募集が集まらない
  • 自分自身の価値を下げる可能性がある

 

主に自分のチャンネル登録者に向けて発信して探すので、チャンネル登録者数がある程度必要です。SNSと違って拡散されることもないので登録者が少ないと見つからないでしょう。

 

また、募集の仕方によっては、自分自身の価値を下げる可能性がある点に注意して下さい。

 

例えば非常に安い単価で募集したりすると、ユーザーから「安く使える社畜を欲しがってる」「思ってたよりケチでがっかりした」なんてイメージを持たれて炎上したら目も当てられません。

 

他にも普段配信している動画のジャンルや方向性によっては、募集により世界観やキャラが崩れる可能性があります。

 

2,Twitterやフェイスブックで募集する

YouTube以外のSNSで募集する方法もあります。

 

Twitter募集

SNS募集のメリット

  • フォロワーが少なくても拡散されて動画編集者が見つかる可能性がある
  • 程よい距離感のスタッフが見つかる

 

Twitterなら、フォロワーが1,000人しかいなくても募集が拡散され、フォロワーのフォロワー数万人に届く可能性があります。そこまで広がれば動画編集者もたくさん見つかるでしょう。

 

また、YouTubeのファンほど近くなく、赤の他人ほど遠くない、適度な距離感のスタッフが見つかります。

 

距離が近くても遠くても仕事がやりにくくなることがあります。そのため、SNSのフォロワー同士の「知ってる」程度の方が仕事がやりやすい場合もあります。

 

SNS募集のデメリット

  • 炎上する可能性がある

 

先ほどのYouTube内募集と一緒で、募集が変な解釈をされてしまった状態で拡散する可能性があります。募集する内容は慎重に考えたほうが良いでしょう。

 

3,クラウドソーシングサイトに依頼する

一般的な募集方法がこのクラウドソーシングサイトです。クラウドソーシングサイトとは「仕事を依頼したい人」と「仕事が欲しい人」を繋げる仲介サイトのことです。

 

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

 

このあたりが有名ですね。この3つに登録しておけば間違いありません。

 

ランサーズ・クラウドワークス

ランサーズとクラウドワークスはクラウドソーシング業界のトップシェアサイトです。はっきり言ってこの2つだけでもほとんどの外注が依頼できます。

 

ランサーズ

ランサーズ

掲示板に仕事内容と報酬、概要を書いて募集するだけであらゆるジャンル、業種の人材を集めることができます。

 

【ランサーズ・クラウドワークス募集のメリット】

  • 誰でも利用でき、簡単にたくさんのスタッフを集められる
  • お金のやり取りなどはサイトを仲介するのでスムーズ

 

クラウドソーシングは様々なスキルを持った人がたくさん集まっています。「YouTube動画編集できる方募集」と募集をかければ、すぐに見つかるでしょう。

 

ツテや人脈、コネが無くても簡単にスキルを持った人が見つけられるのがクラウドソーシングサイトのメリットです。また、契約やお金のやり取りもサイトを仲介して行うので安心です。

 

【ランサーズ・クラウドワークス募集のデメリット】

  • どんな人が応募してくるか全く分からないうえに非常識な人も多い

 

クラウドソーシングには数十万人もの人が応募しています。真面目でスキルの高い人もたくさんいますが、一方で無責任でスキルの低い人もたくさんいます。

 

音信不通になったり、納期を守らなかったり、素人に毛が生えた程度の編集スキルしか持っていなかったり…このような「ヤバイ人」に当たることもあります。

 

複数の応募者の中から評価や自己紹介を見て、まともそうな人を判断する能力が必要になってきます。

 

ココナラ

スキルサービスのココナラ。クラウドソーシングサイトと似たようなシステムですが、こちらは募集ではなく、自分から「編集できそうな人を探す」のがメインです。

 

ココナラ

ココナラ

 

「動画 編集」と検索すれば編集スキルを持つ人が一覧表示されますので、その中から自分の予算や希望スキルに合った人を探しましょう。

 

【ココナラ募集のメリット】

  • 自分のペースで探せる
  • 予算内で探しやすい

 

ココナラは基本自分から編集者を探しに行く仕組みなので、納得がいくまで、じっくりと自分のペースでスタッフを探すことができます。

 

必ず誰かに依頼しなければいけない、という事もないので、とりあえず登録してのんびり良い編集者を探すにはうってつけです。

 

また、価格は出品者(スキル・サービスを提供する人)のページに基準が書かれていますので、それを参考に自分の予算内で探しやすいです。

 

【ココナラ募集のデメリット】

  • やっぱり非常識な人が多い

 

クラウドソーシング同様、良くも悪くも色々な人がいます。特にココナラは「副業感」が強く、ビジネス感の強いクラウドソーシングに比べて軽い人が多い傾向にあります。

 

実績や自己紹介をしっかり見て、まともそうな人を探していきましょう。

 

 

動画編集の外注相場はどのくらい?

動画編集の外注相場ですが、「5分程度の動画1本の簡単な編集で1,000円~2,000円」を基準にしてください。

 

ランサーズでは5分くらいの動画編集1,980円で7件募集があったので、5分の編集で1,980円は比較的好条件ということになります。もちろん編集の仕方や条件によって金額は変わります。

 

単価が高くなる条件(報酬を多めにしないと人が集まらない)

  • 作業工数が多い
  • 高度な編集スキルを要求する場合
  • 特殊な編集ソフトを指定する場合

 

当然ですが「あれもこれもやって」という条件を多く付けた場合、その分単価を高くしないと募集は来ません。

 

また、作業工数が少なくても動画合成といった手間のかかる作業をお願いする場合は、当然高くなります。

 

アドビ

他にもプロ仕様の編集ソフトを指定した場合、そのソフトを持っている人は普段それなりの高単価で仕事をしている人なので報酬を高くしないと募集が来ません。

 

動画編集のスキルや知識がある人は「自分ならこの作業何時間かかるかな…」と考えてそこに1,000円~2000円をかけて報酬額を算出するといいと思います。

 

単価が安くなる条件(報酬が安くても人が集まる)

  • 継続案件

 

継続

数十本や100本単位の継続契約で募集を出せば、その分編集者には安定した収入が約束されるので1本あたりの単価が安くても受けてくれる人が増えます。

 

これは相手の気持ちになれば理解しやすいです。1本だけで5,000円の仕事よりも100本で300,000円の仕事の方が1本あたりは安くてもトータルで利益になりますし、収入も長期間安定します。

 

そのため、編集側も「多少安いけど、安定収入になるし!」と納得しやすいんです。

 

ただ、いきなり多数の案件を任せるのも不安なので、最初はテストを行いましょう。5分くらいの編集1本500円で相手の態度や技術を確認してから本契約に入るようにしましょう。

 

 

まとめ

動画編集はYouTube配信で一番の障害です。初めの頃は資金的な問題で自分でやらざるを得ませんが、ある程度収入が入るようになったら他の人に任せてしまいましょう。

 

自分に合った編集スタッフが見つかれば、配信頻度を大きくアップさせることができますし、自分の時間を作り出すことも可能です。

 

YouTubeやSNS、クラウドソーシング。動画編集ができる人を探す方法は沢山ありますので、その中から信用できそうな、しっかりした人を早めに探していきましょう!


≪期間限定:PACCHAN公式メルマガの無料登録で≫
PC一台、完全在宅で可能な物販ビジネスの教科書
Net Buppan Libgraryが無料でダウンロード出来ます。


PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、
「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の
第1歩を踏み出すための教科書をのダウンロードはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。